脱炭素 3000兆円の衝撃

脱炭素 3000兆円の衝撃

脱炭素がビジネスの最低条件となる時代が到来しました。企業にとって、環境負荷の低減が経営課題の「本丸」となったのです。コロナショック後、欧州で先行していたグリーンシフトの動きが中国や米国にも広がり、3000兆円を超える巨大マネーが環境関連分野でうごめいています。「ESG投資」が世界の潮流となり、主要国・グローバル企業は脱炭素の新たな技術・ビジネスモデルに投融資を呼び込もうとしのぎを削っているのです。翻って、日本は完全に出遅れました。電動化シフトに遅れた自動車業界、温室効果ガスを大量に排出する鉄鋼・化学業界、再エネ促進が進まぬエネルギー業界──、世界の潮流に出遅れた日本企業の処方箋を模索しました。

[15記事]

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP