日本の山が危ない 登山の経済学

日本の山が危ない 登山の経済学

百名山ハンターから山ガールまで、広く国民のレジャーとして広がった登山。ところが、この登山を支える環境が危機的な状況にある。背景には、日本の主要山岳が属する国立公園の管理制度という構造問題が横たわる。登山関連市場はプレイヤーの新旧交代が相次ぎ百花繚乱。秋山シーズンの最中、知られざる「登山の経済学」を紐解いてみよう。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP