SAKEとワインの新常識

SAKEとワインの新常識

インバウンドブームを経て海外で脚光を浴びてきている「日本酒」だが、40年前と比べて消費量は約1/3となりつつある。一方、日本酒と同じ醸造酒として40年間で10倍以上の市場規模となったワインは、今や日本酒の消費量に迫りつつある。なぜワインは、世界のスタンダードな酒となれたのか。その歴史を知ることで、「SAKE」が世界市場に羽ばたくヒントを得られるのではないか──。日本酒に限らず日本の伝統文化への探究心に溢れる中田英寿氏をはじめ、さまざまな立場から日本酒やワインに携わる“プロ”たちが、日本酒の未来を切り開く方法論を語る。

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP