加登 豊

加登 豊

神戸大学大学院経営学研究科教授

1953年生れ。78年3月神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了、86年4月大阪府立大学経済学部助教授、94年1月神戸大学経営学部教授、99年4月神戸大学大学院経営学研究科教授、2008年4月~10年3月経営学研究科長・経営学部長。『インサイト管理会計』『インサイト原価計算』『ケースブック コストマネジメント』『管理会計入門』など著書多数。
被災地にもいる「人材マネジメント型企業変革リーダー」そうしたリーダーこそが創発的戦略を主導する神戸大学大学院経営学研究科教授 平野光俊
危機におけるトップのリーダーシップ非常時にリーダーはどう振る舞うべきか早稲田大学ビジネススクール教授  内田和成
東日本大震災からの経済的復興に向けて常識を超えた常識を創造し、活用せよ神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊
低炭素社会は公共財、その特質を踏まえて「グリーン・イノベーション」促進の方策を考える京都大学大学院経営管理研究部教授 成生達彦
終身雇用とリーダーシップの関係人脈作りをオープン方式化し、仕事の仕方を「見える化」せよ慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
ビジネス界は「体験知」至上主義「学習知」を併用して難題を解決する道を示す神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊
個人が専門性を高めると、企業内の人材ニーズと個人のキャリア開発にミスマッチを起こす早稲田大学ビジネススクール教授 内田和成
終身雇用制度の功罪点検を通じて日本企業変革への道を探る慶應義塾大学ビジネススクール教授 高木晴夫
アジアに出現した国籍にこだわらぬ新消費者群国境を意識しない東アジア企業構想のススメ早稲田大学ビジネススクール教授 内田和成
特別編・座談会「日本企業の現場は本当に大丈夫か」(最終回)―本社社員は現場に出向き、経営者はビジネススクールの実態を知ってほしい―
元気の源は現場から「現場重視」を実践する人材とは?慶應義塾大学ビジネス・スクール校長 河野 宏和
製販部門連携の本当の意味とは改善が生み出す効果を正しく求める慶應義塾大学ビジネス・スクール校長 河野 宏和
学ぶべき経営のお手本はすぐ隣の国にある素直に謙虚に学ぶことの大切さを再確認せよ神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊
    1
  • 1
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP