具体的に、その歌詞は次のようなものだ。

   以下、『サイレント・マジョリティ』歌詞引用
  ――――――――――――――――――――――
   君は君らしく生きていく自由があるんだ
   大人たちに支配されるな
   初めから そうあきらめてしまったら
   僕らはなんのために生まれたのか?
  ――――――――――――――――――――――

   以下、『不協和音』歌詞引用
  ――――――――――――――――――――――
   不協和音で
   既成概念を壊せ
   みんな揃って
   同じ意見だけではおかしいだろう
   意志を貫け!
  ――――――――――――――――――――――

 10代のカワイイ女の子たちが、愛想笑いを一切浮かべず挑戦的な眼差しで、このような歌詞の歌を歌う。そのクリエイティブが今の時代に何を意味するのか。欅坂46について語りたがる大人や音楽業界人が多いそうだが、なぜそうなるのか。そのことの意味も含めて、社会貢献業界は考えるべきだ。参考までに、彼女たちのミュージックビデオを下記に挙げておくので、未見の人はぜひご覧いただきたい。

サイレント・マジョリティ
不協和音

 結局のところ、社会を動かすには「ポップ」であることが重要だ。日本のNPOやCSRに決定的に欠けているのが、このポップなのである。しかし、希望はある。2010年頃にCSR業界に台頭してきた人たちの中には、このポップということを理解している人たちもいる。そういう人たちが連合して、ラディカルな(革新的かつ本質的な)社会貢献ムーブメントをもう一度起こさねばならない時期なのだ、と僕は思う。もちろん他人事ではなく、それは僕自身にも跳ね返ってくることではあるのだが、ともあれ欅坂46の登場は、そういう時代の幕開けを指し示していると感じる。