IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
IoT最前線
【第1回】 2017年6月7日
著者・コラム紹介 バックナンバー
ダイヤモンド・オンライン編集部

「IoT革命」はいま、どんな局面にあるのか? 坂村健・東洋大学情報連携学部長に聞く

「オープンIoT化」でユーザーの
利便性はこれだけアップする

「オープンIoT化」のイメージ。従来の組み込みシステムとクラウド化されたカメラ。(坂村健著『IoTとは何か~技術革新から社会革新へ』で紹介された図をベースに編集部で作成)
拡大画像表示

 これまでの機器の組み込みシステムは、たとえばカメラだと、1つの製品の内部のコンピュータが、ユーザーインターフェース、イメージセンサー、エフェクタ、ディスプレイなど全てをコントロールするようになっており、ユーザーが普段は使わない機能も多かった。しかし前述のような仕組みなら、カメラは撮像機能に特化し、それ以外の複雑な処理はクラウドや、さらにクラウド経由で連携した他の機器で行うというように、効率化できます。

 その上で、シャッターを切る、絞りを変える、焦点を合わせる、といった操作を、全てのメーカーの製品について、他のシステムからクラウド経由でコントロールできるようにすれば、何かのセンサーの情報をトリガーに、自動的に撮影した画像データを自動的にクラウドにアップし、多くのユーザーにシェアするなど、手軽に色々なことができるようになります。

 IoTでオープンな環境を実現できれば、そこで新たな需要が出てきて、企業は新しいビジネスのアイディアを見つけることができるかもしれません。

――「オープンIoT化」における日本企業の取り組みはどうなっていますか。また、オープン化を進めるためには、どんな考え方が必要でしょうか。

 本来は個々の機器が直接オープンAPIをつくるモデルの方がシンプルですが、自社の技術やノウハウが社外に流出するかもしれないこと、情報のガバナンスが困難になりそうなことに不安を覚え、自社のAPIをオープン化することに、抵抗感を感じる企業も少なくないようです。ただ、これから世の中でオープンIoT化が進んでいくと、クローズな状態ではユーザーから不満が出ることも考えられます。

 データについても自社のサービス・クラウドをつくり、そこに繋げた自社ユーザーの製品のデータをフィルタリングしてからオープンにする。たとえばカメラなら、顧客のメンテナンス情報などは自社クラウドの段階で抜き取り、ユーザーが自由にやり取りしたい画像データはオープン化して、自分が好きなところに転送できるようにする、というイメージです。

 そもそもオープンIoT化は、世の中の利便性を高めるためのポジティブな仕組み。加えて、データが重要なビジネスになることは、今や企業関係者にとっての共通認識です。それならば、企業は視野を広げて、オープン化へスムーズに移行できる方法を工夫してみるといいでしょう。

 世界の先進的なユーザーが今何を必要としているか、ネット社会のモノの創り方はどういうものかを、よく考える必要が出てきているのです。

SPECIAL TOPICS


IoT最前線

あらゆるモノがインターネットで繋がるIoT(Internet of Things)。その仕組みを活用できれば、大きなチャンスが生まれるという。多くの企業が期待を寄せ、取り組みを進めるIoTだが、日本におけるIoT化は現在どのような局面にあるのか。チャンスを生かすための課題とは何か。有識者の声や産業界の取組みを紹介しながら、最新トレンドを多角的にリサーチする。

「IoT最前線」

⇒バックナンバー一覧