ソニーヘッドフォン

 ソニーは2月20日、同社主力モデルの「MDR」シリーズ後継機など、ヘッドフォン新製品を発表した。

ソニーヘッドフォン主力モデルがより高音質になって登場

ソニーヘッドフォン
「MDR-1AM2」。カラーはブラックとシルバーを用意

 ソニーヘッドフォンの主力モデルとして販売されてきた「MDR-1A」に代わり、「MDR-1AM2」が3月10日に発売される。予想実売価格は3万2400円前後。

 MDR-1Aは有線型、ワイヤレス型、ノイズキャンセリング型、DAC内蔵型など複数のラインナップがあったが、MDR-1AM2は単機能の有線型のみとなる。

ソニーヘッドフォン
ドライバーユニットの分解図
ソニーヘッドフォン
グリルはフィボナッチパターンを採用
ソニーヘッドフォン
形状を変更した振動板

 ドライバーユニットを新開発。最上位機種「MDR-Z1R」にも採用されてているフィボナッチパターンのグリルを採用し、なめらかな超高域特性を実現する。

 振動板は従来と同じくアルミニウムコートを施したの液晶ポリマーを採用。ただし、ドーム部の剛性を高めるための形状を変更した。大きさは40mmとなる。

ソニーヘッドフォン
デザインも若干変更されている
ソニーヘッドフォン
やや縦長になったイヤーパッド

 重量が約225gから約187gに軽量化されたほか、イヤーパッドの形状も変更。縫い目が耳の周りにあたらないようになっている。

ソニーヘッドフォン
バランスケーブルが付属する

 バランス接続にも対応しており、バランスケーブルを同梱。また、スマホ接続用のマイク&リモコン付きケーブルも同梱される。

低価格なワイヤレス製品も登場

ソニーヘッドフォン
「WH-CH700N」。3色のカラバリを用意する

 3月10日発売予定の「WH-CH700N」(予想実売価格 2万円前後)と「WH-CH400」(同6000円前後)は、ワイヤレスヘッドフォンのスタンダードモデル。

 CH700Nはノイズキャンセル機能を搭載するが、従来モデル(MDR-ZX770BN)よりもその性能が向上。チップを変更し、チューニングを行なっている。

 また、バッテリー駆動時間が13時間から35時間になり、同社スマホアプリ「Sony Headphones Connect」でのコントロールに対応。SiriやGoogleアプリのボイスアシスタント機能にも対応する。

 接続はBluetoothで、従来からのSBC/AAC/aptXの加え、より高音質なaptX HDにも対応。さらに、圧縮音源を高音質化するDSEEも利用可能だ。

ソニーヘッドフォン
「WH-CH400」。30mmのドーム型ドライバーを採用

 CH400は耳のせタイプのエントリーヘッドフォンで、BluetoothコーデックはSBCとAACに対応。はハンズフリー通話用のマイクを内蔵する。

ソニーヘッドフォン
「WI-C300」。9mmドライバーを採用。約8時間の再生が可能だ

 このほか、ワイヤレスイヤフォンのエントリーモデル「WI-C300」も同時に発売する。予想実売価格は6500円前後だ。

サラウンドヘッドフォン新製品が久しぶりに登場

ソニーヘッドフォン
「WH-L600」。デコーダーボックスが台座のようになっており、ヘッドフォンをかけることで充電が可能

 4月7日発売予定の「WH-L600」は、屋内使用向けのサラウンドヘッドフォン。予想実売価格は3万2400円前後。

 「MDR-HW700DS」の下位モデルにあたるが、HW700DSが発売されたのは2013年。本機は最新で高い演算能力を持つDSPを採用し、オーディオデコードとバーチャルサラウンド化処理をまとめて行なう。

 処理が増えたことで電流変動の幅が大きくなるが、本機は大容量大型コンデンサーを2つ搭載。急激な電流変動にも対応できる。

 マスタークロック用の真空水晶振動子や高音質コンデンサーの採用など、音質にこだわっている。

ソニーヘッドフォン
デコーダーボックス前面。スポーツモードを搭載
ソニーヘッドフォン
デコーダーボックス背面、各種入力端子を搭載

 製品はワイヤレスヘッドフォンとデコーダーボックスで構成されており、7.1chのバーチャルサラウンド再生が楽しめる。また、デコーダーボックスはヘッドフォンを充電する台になっており、脱着がしやすくなっている。

 エフェクトモードでは、従来の「シネマ」や「ゲーム」「ボイス」に加えて「スポーツ」を搭載。歓声がサラウンド化され、解説の声は聞きやすくなる。

 このほか、独自アリゴリズムにより部屋の微小な間接音や余韻部分を再現する「Natural Reverb Reproduction」を搭載。自然な音場を体験できる。

 入力端子はステレオミニジャック、光デジタル、HDMIで、デコーダーはDolby Digital、DPLx、DTS、AACに対応。ヘッドフォンは1回のフル充電で最大17時間使用できる。