加藤一二三の棋士人生
加藤一二三自身が「天才」と認める棋士2人は、故・大山康晴十五世名人と史上初の永世七冠を達成した羽生善治棋士だ!(写真撮影:松沢雅彦)

要約者レビュー

ひふみん
『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』
加藤一二三、 208ページ、日本実業出版社、1300円(税別)

「ひふみん」の愛称で知られている加藤一二三は、元祖天才中学生棋士だ。14歳でプロになり、将棋の世界では最高である順位戦リーグA級八段に、最年少の18歳3カ月で昇段した。「神武以来(じんむこのかた)の天才」と呼ばれたが、これは、初代の天皇である神武天皇の世以来、最高の天才という誉め言葉だ。加藤は、2017年6月20日に引退。わずか150名程度しかいない将棋のプロの世界で、63年間の現役生活を続けたことを振り返り、挑戦の歴史であったと言う。「天才」と「挑戦」をテーマとして書かれたのが本書『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』だ。

 本書では、プロ棋士として最後の挑戦となった対局をはじめ、棋士人生の中でも思い出深い対局や、対戦した棋士の印象についても、率直に語られている。大山康晴棋士、羽生善治棋士、さらに藤井聡太棋士らについての考察は、将棋ファンなら垂涎の内容である。また、長い現役生活を送ってきた加藤ならではの、天職についての考え方や将棋に向かい合ってきた姿勢は、多くの方々の心に響くことだろう。

 キリスト教徒である加藤は、聖書から学んだ教えも本書の随所に盛り込んでいる。そうした箇所を読むと、生き方や人生への挑戦について考えさせられる。将棋に詳しくない人も十分に楽しめるように配慮されており、困難にぶつかった局面での考え方や思考法を学べる一冊である。 (河原レイカ)

本書の要点

(1)「天才」と呼ばれた加藤一二三は、これまでの棋士人生を「挑戦の歴史」と位置づけている。加藤は1982(昭和57)年に名人位に就き、引退まで63年間戦いつづけた。
(2) キリスト教徒である加藤は、旧約聖書の言葉に、将棋に通じる心構えを見つけた。「勇気を持って戦うこと」「相手の面前で弱気を出さないこと」「あわてないこと」「落ち着くこと」という4つの心構えを支えに戦った。
(3)加藤が棋士を自分の天職だと確信したのは、自身も感動するような対局を経験し、その名局で人々に感動を与えられるのではと思うようになったときだ。