【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領の国家安全保障問題担当補佐官だったマイケル・フリン被告が連邦捜査局(FBI)への偽証罪に問われている裁判で、首都ワシントンの連邦地裁は18日、判決の言い渡しを延期した。同地裁のエメット・サリバン判事は被告を厳しく非難。弁護団と検察が共同で寛大な判断を求めたものの、そうした提案を覆す構えも示した。  サリバン判事はフリン被告の愛国心に疑問を呈し、退役陸軍中将である被告を反逆罪に問うことを検討したかと検察側に尋ねた。