カウシック・バス氏
フェイスブックの「リブラ」に関して特に気になるリスクはインフレだとバス氏はみる Photo: REUTERS/AFLO

 フェイスブックが早ければ2020年にグローバル規模の新デジタル通貨「リブラ」を導入しようと計画している。この通貨は、世界を変えてしまう可能性がある。

 だが、この大胆な経済工学プロジェクトの発案者たちを含め、誰1人として、この通貨の潜在的な影響を十分に予測している者はいない。特に金融政策担当者は心配すべきだ。「リブラ」登場後の世界では、失業率とインフレのコントロールがはるかに難しくなる可能性があるからだ。

 2019年第1四半期、フェイスブックの月間アクティブユーザー数は23億8000万人だった。そのごく一部でも、金融取引や商品の売買、送金のためにリブラを使い始めるとすれば、この新通貨はすぐさま広く受け入れられることになろう。