太陽光発電
大手電力と新規参入組が入り乱れ卒FITの争奪戦が激しさを増している。ただし、電力業界を制する本当の戦いはこれからだ Photo:PIXTA

住宅用太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の買い取り期間が終了する「卒FIT」対象者を巡り、大手電力会社と新規参入組が大争奪戦を繰り広げている。卒FIT争奪戦の先に待つ本当の戦いは、業界の在り方を根底から覆すテクノロジーの競争だ。(ダイヤモンド編集部 堀内 亮)

 NTTスマイルエナジー・パナソニック連合が7月2日、「卒FIT」対象の住宅用太陽光発電の余剰電力を最大16円/キロワット時(東日本エリア)で買い取る方針を発表した。業界内では8円程度が“相場”といわれていたため、その2倍の買い取り価格は関係者を大いに驚かせた。

 卒FITとは、2009年に施行された「余剰電力買取制度」から後に一本化した「固定価格買取制度(FIT)」に基づき、大手電力会社が法律で定められた価格で余剰電力を買い取る契約期間が満了する住宅用太陽光発電のこと。

 今年11月から順次契約を終了する卒FITが出始め、23年末までに累積で165万件に上る。これから卒FITのユーザーは、余剰電力を買い取る契約先を自ら決めることになる。