写真はイメージです Photo:PIXTA

 人口減少やグローバル競争のもとで生産性の向上が叫ばれているが、その方法は働き方改革やIT導入だけではない。

 日本の場合、生産性を高める活動で、ミクロとマクロの間で大きな乖離が生じている。個人的な生産性を高める活動(ミクロ)が、会社全体あるいは経済全体(マクロ)の生産性上昇へとつながりにくいという問題である。

 この課題は経営者などにはあまり認識されていない。

個人の努力や貢献と
全体の生産性が「乖離」

 おそらく、ビジネスマンで生産性という言葉を日々見聞きしていない人はいないと思われる。だが経営者も含めて、「生産性を高めろ」と常々言っている人たちは、この「乖離」に対して驚くほど無関心だ。