ラインアップは、標準、プロアクティブ、プロアクティブ・ツーリングセレクション、Lパッケージの4グレード構成。標準のパワーユニットは2リットル直4ガソリン(156ps)のみ(名称20S)。他のグレードは、1.8リットル直4ディーゼルターボ(116ps)、2リットルスカイアクティブX(スペック未公表)が選べる。トランスミッションは6速ATと6速MT(1.8リットルディーゼルは6速ATのみ)。駆動方式はFFと4WDを全グレードに設定した。自転車検知機能付き衝突被害軽減ブレーキやレーダークルーズコントロールなどの安全・運転支援システムは全車に標準。ドライバーの運転状況を検知し、わき見運転や居眠りを警告するドライバーモニタリング機構は360度ビューモニターとセットオプションだ。

マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)のリアビュー
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF) 価格:6MT/6SAT 273万3500円 プロアクティブ・ツーリングセレクションは運転席パワーシート&前席シートヒーターを装備した販売主力車 20Sシリーズは2リットル直4DOHC16V(156ps)搭載 CXー30の発売は2リットルガソリンと1.8リットルディーゼルが10月24日 スカイアクティブXは2020年1月以降
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)のインパネ
インパネはウイング調アッパートリムが上質な雰囲気を演出 8.8インチセンターディスプレイ全車標準 本革巻きステアリングにはチルト(45mm)&テレスコピック(70mm)機構を内蔵 写真は標準とプロアクティブ系に設定するネイビーブルー内装
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)の前席
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)のリアシート
シートは前後席とも着座時に骨盤が立ち脊柱が理想的なS字カーブを描く快適設計 ネイビー内装のシートカラーは写真のグレージュとブラックから選べる 室内はゆったり空間 室内長1830mm
マツダCX-30・20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション(FF)の荷室
ラゲッジルームは後席使用時430ℓの容量と1020㎜の荷室開口幅を確保 6対4分割の後席シートバックを倒すと広いフラットスペース出現