岸見一郎氏と古賀史健氏による共著 『嫌われる勇気』が2019年11月の増刷をもって、累計発行部数が200万部を突破した。2013年12月の発売から約6年が経過した現在も売れ続け、海外で出版された翻訳版も含めると世界累計発行部数は462万部を突破、「勇気の二部作」である『幸せになる勇気』との合計部数では、国内で262万部、世界では573万部を突破したという。
小学生から80代まで、幅広い世代に読まれている『嫌われる勇気』だが、フリーアナウンサーの柴田阿弥さんも『嫌われる勇気』のファンであることを公言している。そこで柴田さんと、著者のお二人との鼎談を2回にわたってお送りする。SKE48を卒業しフリーアナウンサーとなった柴田さんが、『嫌われる勇気』に救われた理由とは?(編集/友清 哲 写真/熊谷 章)

10年後も読まれる古典を目指して

柴田阿弥(以下、柴田) 私が初めて『嫌われる勇気』を手にしたのは今年の頭くらいでした。ネットで話題になっていたので書店で探してみたところ、自己啓発書と心理学書の間くらいの棚に置かれていて、一体どういう本なのかなといっそう興味が湧いたんです。

岸見一郎(以下、岸見) この本は書店によって、置かれる位置が異なるのです。

古賀史健(以下、古賀) 僕らとしては特定の誰かに向けた本ではなく、10年後も古典として読まれ続けるものを作ろうという思いがあったので、結果的にこうして若い女性の方にも手に取っていただけるのは嬉しいですね。もっとも、まさかこれほど多くの方に読んでいただけるとは思っていなかったのですが……。

岸見 いや、私は必ず売れると確信していましたよ(笑)。

古賀 そう、岸見先生は最初から自信満々でしたよね。僕も世界中で読まれる本にしたいという気持ちはありました。世界中で100万人くらいの人々に読んでもらえたらいいな、と。

柴田阿弥(しばた・あや)
1993年名古屋市生まれ。2010年9月、「SKE第4期生オーディション」に合格。14、15年の「総選挙」で15位。16年8月、SKEを卒業。フリーアナウンサーとして、毎週火・水曜の「チャント!」(CBCテレビ)、「ウイニング競馬」(テレビ東京)、「けやきヒルズ」(AbemaTV)、「Abema Prime」(同)に出演中。

柴田 それがすでに国内だけで200万部突破。すごいことですよね!

岸見 これも、どんな年代の人にでも共感してもらえるテーマを意識したからこそです。実際、今では小学生から80代まで、本当に幅広い人々から感想が寄せられています

柴田 へー! それは素晴らしいですね。これまでも自己啓発書の類いは時々読んでいたのですが、なかなかしっくりくるものに出合えなくて。その点、アドラーの理論はすんなり納得することができました『嫌われる勇気』というタイトルも素敵ですよね。

岸見 このタイトルを見て「どういう意味だろう」と疑問に感じた時点で、すでに読者との対話が始まるのです。

柴田 誰しも嫌われたくないはずですから、どうしても気になってしまいますよ。

古賀 もしこの本が、『アドラーの教え』みたいなタイトルだったら、これほど読まれることはなかったでしょうね(笑)。

岸見 ただ、『嫌われる勇気』という書名は知られていても、アドラーの名前を知っている人は今もあまり多いとはいえません。その意味で、この本はまだまだたっぷり伸びシロを残しているともいえるでしょう。