津賀一宏・パナソニック社長は11月22日、「Panasonic IR DAY」でトップダウンによる2021年度までの「構造的赤字事業の撲滅」を語った
津賀一宏・パナソニック社長は11月22日、「Panasonic IR DAY」でトップダウンによる2021年度までの「構造的赤字事業の撲滅」を語った Photo by Mieko Arai

11月22日、パナソニックは投資家向けの年度計画説明会「Panasonic IR DAY」を、例年から半年遅れでようやく開催した。しかし、説明を行った6カンパニー中、4カンパニーが“数値なき計画”を掲げる状態で、変革断行の覚悟に疑問符が付く内容となった。(ダイヤモンド編集部 新井美江子)

売上高・利益目標を掲げたのが
「6社中2社」の異常事態

「これではIRにならない。さすがに何かしら意図があるはずだ」(電機業界関係者)

 11月22日、パナソニックが投資家向けにカンパニーごとの年度計画を説明した「Panasonic IR DAY」を受け、電機業界に臆測が渦巻いている。

 今年のIR DAYは、今年度から始まった新中期戦略(3カ年)の詳細が語られる場であり、例年以上に重要な意味を持っていた。

 だが、通例となっていた5月から半年も開催を延期したというのに、説明を行った6つのカンパニーのうち、中期戦略の最終年度である2021年度の売上高、利益率の目標数値を明確に掲げられたのはたったの2社だった。