外食の王様 16皿目_「ミシュラン東京」に見るセレブ飯の興亡
Photo:Olix Wirtinger/Corbis/VCG/gettyimages

飲食店の“格付け王”として名高いミシュランガイド。その評価は料理人の人生すら左右する。東京版が誕生した2008年から20年までの推移を追うと、日本のセレブ飯トレンドが見えてくる。特集「外食の王様」16皿目は、その分析結果をお届けしよう。

「週刊ダイヤモンド」2020年1月11日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの

秘密主義のミシュランガイドが
「異例の言及」に踏み切った理由

 86年の歴史の中でも、異例の言及だった。2019年11月発売の『ミシュランガイド東京2020』。話題になったのは、前年三つ星評価だった「すきやばし次郎本店」と「鮨さいとう」の2店が掲載されなかったことだ。