外食の王様 14皿目_赤羽系せんべろ激安ビジネスモデルの秘密
Photo:PIXTA

1000円でべろべろになるまで飲める居酒屋の俗称「せんべろ」。赤羽をルーツとする格安の立ち飲み居酒屋が増殖中だ。特集「外食の王様」14皿目では、低価格を実現する“せんべろ王”の秘密はどこにあるのかを探った。

「週刊ダイヤモンド」2020年1月11日号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの

格安立ち飲み居酒屋が首都圏で増殖
1000円でべろべろになれる

 アジフライ110円、煮込み130円、マグロの刺し身200円――。

 生ビール410円が“高級品”に見えてしまうような格安メニューが並ぶ居酒屋が今、首都圏で勢力を拡大している。格安立ち飲み居酒屋の「晩杯屋」だ。