美容医療#予告編
Photo:sekulicn/gettyimages、Cristian Calderon/EyeEm/gettyimages

年間3700億円を超える「美容医療」市場。メスを入れる「美容整形」から、レーザーや注射など「プチ整形」が主流になり、利用者の裾野が広がった。そのため、あらゆる診療科の医師はもちろんのこと、他業態から美容医療市場への参入を狙う企業も多い。特集『美容医療 美は金で買える』は、3月16日(月)から21日(土)までの全8回で、美容医療ビジネスの構造や勢力図など、業界の光と闇、そしてカネの源泉を明らかにする。(ダイヤモンド編集部 相馬留美)

ビジネスの勝負どころの前に美容医療
会社帰りに施術する男性客も増加

「明日は株主総会だから若々しく見せたい」――。

 東京都内の美容クリニック「グリーンウッドスキンクリニック立川」の青木律院長は、最近こんな依頼を受けた。青木氏によれば、シミやほうれい線を改善するためにレーザー照射を希望する男性客が増えているという。また別のクリニックでも、重要な商談のプレゼン前にフェースリフトをする男性などが徐々に増えているようだ。ビジネスの勝負どころの前に、美容医療で身だしなみを“完全武装”。こんなトレンドが生まれつつあるという。

 今や年間3700億円を超え、拡大傾向が続く美容医療市場。美容医療という言葉を聞くと、顔にメスを入れる「美容整形」のイメージが強いが、最近それは非主流派だという。代わりに主流派となったのは、“メスを使わない”美容医療である。

 その代表格が「プチ整形」だ。埋没法(まぶたに糸を通す)による二重まぶたの形成やヒアルロン酸の注入、レーザー照射によるシミ・しわ取りやレーザー脱毛など、切らない手軽な美容医療が隆盛を極めている。痕が残りにくいため、冒頭のケースのように、会社帰りに施術をする男性客も多い。

 美容整形なら数十万円、場合によっては100万円を超える施術もざらだ。しかしプチ整形ならば、1万円を切ることもある。身体的な負担だけでなく、金銭面の負担も減ったことで、市場の裾野が広がった。

 ただ、いくら料金が下がったとはいえ、美容医療は自由診療。料金や施術内容は医師の裁量に任されており、“おいしい”分野だ。そのため、あらゆる診療科の医師はもちろんのこと、他業態から美容医療市場への参入を狙う企業も増えている。

 本特集では美容医療ビジネスの構造やプレーヤーの勢力図など、業界の光と闇、そしてカネの源泉を追った。

#1 3月16日(月)配信
「整形」で攻めるか「プチ」で開拓か?美容医療ビジネス3700億円争奪戦

美容医療#1
Illustration:PIXTA

 かつて美容医療といえば「美容整形」が代表格だった。ところが今の主流はメスを入れない「プチ整形」。美容医療のトレンドの変遷は、美容クリニックの栄枯盛衰を映し出す。今の勝ち組はいったい誰なのか。

>>記事はこちら

#2 3月16日(月)配信
中国人富裕層が大挙して日本で「爆整形」!乱舞する札束と医者たちの悲哀

美容医療#2
Photo by Rumi Souma

 日本の美容医療市場拡大をけん引した陰の主役は、中国人の富裕層だ。インバウンドの美容医療ビジネスで稼ぎ、新型コロナウイルスの流行によって危機にひんするという、中国人富裕層に翻弄される医師たちの現状を描く。

>>記事はこちら

#3 3月17日(火)配信
高須克弥院長に聞く、美容医療業界は「立派な吹きだまり」

美容医療#3
Photo by Yoshihisa Wada

「プチ整形」の商品化など、美容医療業界を開拓してきた高須クリニックの高須克弥院長を直撃。高須氏は新型コロナウイルスが引き起こす「美容バブル崩壊」を予言するとともに、アンダーグラウンドな美容医療業界の問題点を斬る。

>>記事はこちら

#4 3月17日(火)配信
リクルートが「美容医療クチコミ」に殴り込み、医者が群がるビジネスの旨味

美容医療#4
Photo:AFLO

 リクルートが3月から美容医療ビジネスに乗り出す。美容関係の検索・予約サイト「ホットペッパービューティー」内に、美容医療ジャンルの設置を予定しているのだ。日本最大規模の集客アプリに医師たちの期待は高まっている。

>>記事はこちら

#5 3月18日(水)配信
美容整形のヤブ医者・悪徳クリニックの見抜き方、「二重が得意」は危険!?

美容医療#5
Photo:joshblake/gettyimages

 身近で安価なものになったとはいえ、まだまだ美容医療トラブルは減っていない。国民生活センターや消費者庁に集まる苦情やトラブル事例を教訓に、専門家や現役医師に聞いた悪徳医師・悪徳クリニックの見抜き方を伝授する。

>>記事はこちら

#6 3月19日(木)配信
ひげ脱毛3万円・シミ取り3000円…美容医療「施術別相場」一挙公開

美容医療#6

 メークをする男性が増えてきたが、実は美容医療にも男性専用クリニックが登場した。美容医療の最先端では「再生医療」を活用した施術も増加している。最新の美容医療のメニューと相場を一挙公開する。

>>記事はこちら

#7 3月20日(金)配信
現役美容医師が暴露、「騙し」と「クチコミ」の手練手管【匿名座談会前編】

美容医療#7
Photo:PIXTA

 4人の若手現役医師による覆面座談会を2回にわたってお届けする。前編では大手クリニックのだましのテクニックや、客を呼べるクチコミの技といった、医師だけが知っている業界の裏側を暴露してもらった。

>>記事はこちら

#8 3月21日(土)配信
腕利き美容医師の嘆き「若くてイケメン」が稼いじゃう【匿名座談会後編】

美容医療#8
Photo:PIXTA

 4人の若手現役医師による覆面座談会の後編。客にとって知っておいた方がいい知識や、損しないためのスキルを伝授する。良い医師の選び方から「医師に嫌われる医師」の理由まで、赤裸々な告白が飛び出す。

>>記事はこちら

Key Visual by Kaoru Kurata