アフターデジタル社会で産業序列はどうなるのか?成功するビジネスモデルとは?特集『アフターデジタルの産業序列 ビービット藤井保文』第2回は、スーパーアプリモデルについて解説。YAHOOとLINEの統合が目指す先とは?中国AlipayやWeChatなど、覇権を握るスーパーアプリのビジネスモデルの実例と、その本質をひも解いていきます。

>> 有料会員登録はこちらから

>> 視座を深める【学びの動画】他の動画はこちらから

今回の動画で学べるTOPIC
・スーパーアプリとは何か?
・各国のアプリモデルとその特徴
・属性データから行動データへの変容
・スーパーアプリのビジネスモデル
・ミニアプリの可能性
・スーパーアプリ3つのポイント

藤井保文氏
株式会社ビービット 執行役員CCO 兼 東アジア営業責任者。1984年生まれ。東京大学大学院修了。上海・台北・東京を拠点に活動。国内外のUX思想を探究し、実践者として企業・政府へのアドバイザリーに取り組む。 著書『アフターデジタル』シリーズは累計15万部を突破。AIやスマートシティ、メディアや文化の専門家とも意見を交わし、新しい人と社会の在り方を模索し続けている。
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味
【藤井保文・動画】ヤフーがアリババ「スーパーアプリモデル」を目指す意味