アフターデジタル社会で産業序列はどうなるのか?成功するビジネスモデルとは?特集『アフターデジタルの産業序列 ビービット藤井保文』第6回は、デジタル時代のメーカー生き残り戦略について解説。「テスラは鍵を渡すまでが仕事だが、NIOは鍵を渡してからが仕事だ」。テスラを猛追するEVメーカーNIOの根幹にあるバリュージャーニーとは?

>>有料会員登録はこちらから

今回の動画で学べるTOPIC
・産業序列の下層メーカーが上に上がるには?
・バリューチェーン=製品販売型
・バリュージャーニー=顧客体験型
・中国EVメーカーNIOのバリュージャーニー
・NIOの4つのサービス
・コマースの偏在化
・3つの顧客接点

藤井保文氏
株式会社ビービット東アジア営業責任者。1984年生まれ。東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程修了2011年ビービットにコンサルタントとして入社。2014年に台北支社、2017年から上海支社に勤務し、現在は現地の日系クライアントに対し、UX志向のデジタルトランスフォーメーションを支援する「エクスペリエンス・デザイン・コンサルティング」を行っている。著書に『アフターデジタル』『アフターデジタル2』など。