年収1000万円の大不幸#予告
Photo:Sam Edwards/gettyimages

ビジネスパーソンにとって憧れの“勝ち組”で、ステータスでもある「年収1000万円」。しかし、大台を達成しても待っている世界はバラ色ではない。コロナショックで収入減のリスクが次々と襲い掛かる一方で、支出はじわじわと増えていき、家計の厳しさは増すばかりだ。昨年まで年収1000万円「だった」人たちはどのような転落生活や家計防衛策を迫られているのか。不幸な年収1000万円の実像と本音を解き明かす特集『年収1000万円の大不幸』は、11月9日(月)から11月15日(日)まで全13回にわたりお届けする。

#1 11月9日(月)配信
ANA社員「年収3割減」は他人事じゃない!年収1000万組を5大危機が襲う

年収1000万円の大不幸#1
Photo:takasuu/gettyimages

 国の増税や社会保障改革によって、これまで最も割を食ってきたのが「勝ち組」とされる年収1000万円前後の世帯だ。税金などの負担が年々増す中、足元にはコロナの影響による賞与カットなどさまざまな危機が迫っている。その厳しい家計の実情を探った。

>>記事はこちら

#2 11月9日(月)配信
年収があっという間に3割減!年収1000万5人「コロナ転落劇」の末路

年収1000万円の大不幸#2
Photo:tuaindeed/gettyimages

 年収3割減、賞与カット、役職定年――。コロナ禍や働き方改革による大波が、年収1000万円プレーヤーたちの家計を直撃している。収入減少でも生活水準をなかなか切り下げられず、苦悶する人たちの「転落劇」に迫った。

>>記事はこちら

#3 11月10日(火)配信
年収1000万世帯が陥る罠、資産を溶かす「外貨建て保険」と「FX」

年収1000万円の大不幸#3
Photo:Ca-ssis/gettyimages

 銀行や証券、保険会社が余剰資金を狙って営業攻勢をかける中で、高年収の世帯が陥りやすい資産減少の落とし穴がある。外貨建て保険とFX(外国為替証拠金取引)だ。その実態と背景について実例を基に解説していこう。

>>記事はこちら

#4 11月10日(火)配信
年収1000万組がマイホーム選びでハマった泥沼「こんなはずでは…」

年収1000万円の大不幸#4
Photo:BrianAJackson/gettyimages

 新築マンション価格の高騰は続き、年収1000万円であっても理想のマイホームを手にすることが困難になっている。在宅勤務が増えたことで一部屋増やしたいという思いはあれど、コロナショック後も住宅相場の値崩れは起きておらず、家選びの難しさが増している。

>>記事はこちら

#5 11月11日(水)配信
年収1000万組に学ぶ「節税・節約」術!楽天経済圏を使い倒し

Photo:PIXTA

「カネがたまらない」――。そう嘆く年収1000万円プレーヤーは数知れない。その一方で、知識を駆使して無駄な出費を抑え、着実に資産をためていくつわものも存在する。副業を活用した節税など、1000万円プレーヤーが実践するカネをためるテクニックに迫る。

>>記事はこちら

#6 11月11日(水)配信
新築マンション「お買い得」ランキング!東京23区・首都圏・関西で検証

年収1000万円の大不幸#6
Photo:kuppa_rock/gettyimages

 年収1000万円であってもマイホーム購入は頭を悩ませる人生のターニングポイントだ。背伸びのし過ぎや妥協し過ぎは大きな後悔となって襲ってくる。年収1000万円でも手が届く物件の中でお買い得なものはあるのか。マイホーム購入の落とし穴とお買い得の新築マンションを検証した。

>>記事はこちら

#7 11月12日(木)配信
年収1000万組に学ぶ巣ごもり投資術、キーワード「2つの金」の意味

年収1000万円の大不幸#7
Photo:danielvfung/gettyimages

 今春以降、外出自粛による巣ごもりによって一気に熱を帯びたのが、株やFX(外国為替証拠金取引)などへの投資だ。年収1000万円プレーヤーたちはどのような投資スタイルで市場と向き合ってきたのか。実態調査で浮かび上がったのは二つの「金」だった。

>>記事はこちら

#8 11月12日(木)配信
年収1000万でも人生バラ色じゃない!覆面座談会で4人が暴露する本音

年収1000万円の大不幸#8
Photo:Yuji Sakai/gettyimages, Patrycia Schweis/EyeEm/gettyimages

 ビジネスパーソンの給料で“大台”となる年収1000万円。生活に余裕があり、お金を我慢せずに使えるようなイメージがあるものだ。ところが、実際の生活を聞いてみると、どうやら憧れの生活を送ることができるほどの年収ではなさそうだ。4人の1000万円プレーヤーに生活の本音を明かしてもらった。

>>記事はこちら

#9 11月13日(金)配信
年収1000万は最低ないと手が出せない!?不動産投資「超厳格化」の実態

年収1000万円の大不幸#9
Photo:kurosuke/gettyimages

 かつて「年収300万円でも大丈夫」と広告されていた不動産投資が近年、一変した。「年収1000万円以上に限られてきた」との声すら業界から聞かれる。その背景にあるのは、金融機関の融資厳格化と高年収者に対する“裁量”だ。

>>記事はこちら

#10 11月13日(金)配信
残業代減少リスクが高い企業ランキング!5位キーエンス、3位大成建設、1位は?

年収1000万円の大不幸#10
Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスの感染拡大で急速に広まった働き方改革。その半面、在宅勤務では残業を認めない企業も少なくない。残業代で高年収を維持していたビジネスパーソンは転落の危機にある。もともと残業時間が長く、残業代が減少するリスクの高い企業はどこか。

>>記事はこちら

#11 11月14日(土)配信
年収1000万世帯がハマる「教育費地獄」、中学受験・資金繰り試算の悲哀

年収1000万円の大不幸#11
Photo:123RF, Michael-Merck/gettyimages

 年収1000万円の世帯であれば、子どもを中学受験させたいと考える親も多いだろう。しかし、私立中学では年収1000万円は“最低ライン”であり、現実は甘くない。どのような出費から教育費地獄に陥るのか。中学受験から大学卒業までの家庭のキャッシュフローを試算し、教育費が生活を圧迫する現実をつまびらかにする。

>>記事はこちら

#12 11月14日(土)配信
年200万を本業以外で稼ぐ猛者も!年収1000万を「副業」で死守する方法

年収1000万円の大不幸#12
Photo:Bloomberg/gettyimages

 コロナ禍で減った収入を補うべく、副業に注目が集まっている。ANAや飲料大手のダイドーグループホールディングスなど大企業も副業解禁へと動きだした。本業で年収1000万円に届かなくとも、副業を駆使して大台を達成するつわものたちはどんな工夫をしているのか。コロナ時代の副業事情を追った。

>>記事はこちら

#13 11月15日(日)配信
年収1000万世帯の教育費防衛術、私立中学の「特待生制度」を狙え

年収1000万円の大不幸#13
Photo:123RF

 コロナ禍で年収カットの憂き目に遭う可能性もある中、教育費は子どもが学校を卒業するまでコンスタントにかかり続ける。教育費が家計を圧迫し、ローン地獄に陥れば自らの老後にも響いてくる。子どもに多額の奨学金を背負わせるのは忍びない。教育費地獄に陥らないための防衛術を紹介する。

>>記事はこちら

Key Visual by Noriyo Shinoda

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。