2020年もあとわずか。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから「Google最高位パートナー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。12/18に日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Google が認める<br />知られざる認定トレーナーの正体と<br />6つの特典Photo: Adobe Stock

質問
 Google が認定するトレーナー資格があるなんて知りませんでした。どんなものですか?

 Google のツールを教えることができる認定トレーナー制度があることを聞きました。

 何ができる資格ですか?

 どうすればなれるのでしょうか?

回答
 Google が認め、Googleを教えることができる人が、認定トレーナーです。

 Google が現在認定している資格試験は、教育現場で Google のツールを使いこなすスキルがあることを証明できる「Google 認定教育者(レベル1・レベル2)」と、Google for Education サービスの活用方法を教師に教え、授業の効率化、生徒の学習成果の向上、リーダーシップ スキルの養成を支援する「認定トレーナー」の資格の2種類があります。

 この2つは教員でなくても誰でも通年申請し、認定を受けることができます。

 私が代表を務めるイーディーエル株式会社では、この認定試験のトレーニングと認定資格の取り扱いを行っています。Google 認定教育者レベル1とレベル2に関しては、2020年10月末現在で、すでに昨年の2倍、459人の合格をサポートしました。

 実はこの2つに加え、もう1つ「Google 認定イノベーター」という資格があります。

 教育上の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指す独自のプロジェクトを自分自身で設定し、取り組むものです。日本では教員のみが参加対象となります。

 こちらは「Google 認定イノベーターアカデミー」という名称で実施され、募集期間が決まっています。50ヵ国を超える国々で順番に実施されており、日本では2019年に初開催されました。

 Google 認定トレーナー になると、6つの特典があります。

1. 認定トレーナーのデジタルバッジ
2. Google for Education ディレクトリへの掲載
3. トレーニングおよび専門スキル向上のための充実した資料
4. G Suite for Education のデモ用ドメイン
5. トレーナー専用コミュニティへのメンバー登録
6. 新しい Google サービスのリリース発表イベントへの特別アクセス

 1は、ICTを活用した専門的能力開発のトレーニングができるという実力を Google から証明いただけます。個人に与えられ、組織が流用することはできません。デジタルバッジは名刺や履歴書、メールの署名等に使えます。

 2は、 Google の公式サイトの講師カテゴリに登録されるということです。こちらでわかるとおり、日本人の Google 認定トレーナーは、まだ20人に達していません。

 3は、 Google の主催する限定研修に参加する機会がもらえます。グローバルな資格ですので、英語での研修も多く、世界中のトレーナーと知り合いになれます。

 4は、研修を行う際にトレーニング用のデモアカウントを発行できるというものです。

 このメリットは大きいですね。間違って個人情報を共有するといった心配がなくなりますので、研修を安全に実施しやすくなります。

 5は、グローバルなメーリングリストに参加でき、質問したり、他のトレーナーの開発した資料などをシェアしてもらえるようになります。

 6は、どんどん進化する Google のサービスを、他のユーザーよりいち早く利用し、試すことができるという特典です。

 教育現場も企業同様、テクノロジーを効果的に活用することが求められています。

 Google のアプリを自分自身の生産性劇的向上だけでなく、教育の場で活かせるスキルを最短最速で習得してもらえるようもっと Google 認定トレーナーが必要です。

 Google 認定トレーナーになるには、まずは Google 認定教育者レベル1・レベル2の合格が必須です。まずは、こちらにぜひチャレンジしてください。

 このたび Google 認定トレーナーである私が、Google のアプリで生産性を劇的向上させる最短最速の法則を私の初の単著にまとめました。ぜひご活用いただけたらと思います。