それぞれ文系、理工系に特化している一橋大、東工大の就職先は? Photo:PIXTA

コロナ禍の前に行われた20年卒の就活。果たして主要大学の学生はどのような就職先を選んだのだろうか。国公立・私立主要27大学別の2020年就職先ランキングを作成した。第3弾は一橋大学と東京工業大学の就職先をお届けする。

“Captains of Industry”(産業界のリーダー)となる人材の育成を掲げる一橋大学と、世界を舞台に科学技術の分野で活躍できる人材の輩出を目指す東京工業大学。一橋大は文系に、東工大は理工系に特化した大学だが、実は両校は、東京外国語大学と東京医科歯科大学とともに四大学連合を結成し、それぞれが独立を保ちつつ、研究教育分野で連携している。

 19年の一橋大学は、1位が三井住友銀行、2位東京海上日動火災保険、3位三菱UFJ銀行、同率5位日本生命保険と、上位を銀行と生損保などの金融が占めた。一方、東京工業大学は、1位日立製作所、2位本田技研工業、3位三菱重工業と、上位を重厚長大系のメーカーが占めていた。

 果たして20年の一橋大・東工大の就職先はどうなったのか?