一流経営者がコロナ禍のコミュニケーションに感じている本質的な課題
一流経営者が感じているコミュニケーション上の課題とは? Photo:PIXTA

 革新的なマーケティングで有名な創業経営者。コロナ渦にあっても業績は絶好調。であるのに、浮かない顔をしている。なぜかというと、将来のビジネスの仕込みができていないという。

コロナ禍でコミュニケーションの達人が
困っていることとは

 くだんの経営者は、すでに業界大手の大社長である。しかしながらコロナ前は、普段からランチ、ディナーのほか、こまめにいろいろな会合にも顔を出し、さまざまな領域の人と知り合いになり、最先端の知見を獲得しようとしていた。外国にもしょっちゅう出かけていろんなものを見ている。

 さまざまなコミュニケーションを通じて行っていたのは、以下の3つのことである。

(1)直接ビジネスに使えそうな情報の収集
(2)将来の潮流に関するヒントの発見
(3)これから旬になる人の発掘

 会議や打ち合わせ、商談などのコミュニケーションのうちのほとんどがオンライン会議になる中で、上記のような顔を合わせて話したり、現地へ出向いたりするコミュニケーションは難しくなった。実際に、どのような苦労があるのだろうか。