バブル時代から人気が衰えない生損保の採用大学は? Photo:PIXTA

コロナ禍の前に行われた20年卒の採用。果たして主要企業はどの大学から学生を採用したのだろうか。総合商社、コンサル、金融、メーカー、流通、運輸、情報通信など主要12業種の58の企業別2020年採用大学ランキングを作成した。第3弾は主要生損保の採用大学ランキングをお届けする。

 就活生の親世代(バブル世代)が就活していた頃から、ずっと人気が高いのが保険業界だ。バブル崩壊によって銀行は人気が低落傾向にあったが、生損保の人気は根強い。

 企業の採用から育成までを支援しているダイヤモンド・ヒューマンリソースの就職人気ランキングを見ると、バブル前から直近まで、生損保は常にランキングTOP10に数社入っている。2020年の調査では、文系男子の3位に東京海上日動火災保険、7位に日本生命保険、8位に三井住友海上火災保険が入っており、女子では文系・理系とも人気1位が東京海上日動火災保険となった。

 19年の主要生損保「採用大学」ランキングは、日本生命保険と第一生命保険、損害保険ジャパンの1位が早稲田大学、東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険の1位は慶應義塾大学だった。

 果たして20年のランキングの顔触れはどうなったのだろうか。