ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#予告Photo:SERGII IAREMENKO/SCIENCE PHOTO LIBRARY, Peter Dazeley/gettyimages

新型コロナウイルスの感染拡大を奇貨として復活を遂げたゴルフは、その人気に衰える気配がない。もともとゴルフはビジネスとは切っても切れない関係にあり、ビジネスパーソン必須のスキルである。定番のゴルフ場ランキングやエリートが集う“最強サロン”の名門ゴルフ倶楽部の裏側、プロゴルフの話題などをお届けする。特集『ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版』は、4月22日(月)から全16回にわたって配信する。(ダイヤモンド編集部 堀内 亮)

#1 4月22日(月)配信
【ゴルフ場ランキング2024】支配人・読者が忖度なしで選ぶ「ベスト24コース」10位にフェニックスと太平洋御殿場、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#1

「週刊ダイヤモンド」恒例の「ベスト」ゴルフ場ランキングが、今年もやって来た。全国のゴルフ場支配人162人と読者559人の計721人が選んだ「プレーしてよかった」ゴルフ場のベスト24コースを紹介する。上位には各地域の名門コースが名を連ねた。

>>記事はこちら

#2 4月23日(火)配信
【女子プロゴルフ・スポンサーランキング】PR上手な企業の10位は大和ハウス工業、5位ホンダ、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#2Photo:Atsushi Tomura/gettyimages

 男子ツアーをはるかにしのぐ人気を誇る女子ツアーに対し、大会スポンサーを務めるだけでなく、選手と所属契約を結んでPRを狙う企業が相次ぐ。最もPR上手な企業は、果たしてどこか。

>>記事はこちら

#3 4月24日(水)配信
【接待に適したゴルフ場ランキング2024】支配人・読者が忖度なしで格付けした「ベスト15コース」4位に東急セブンと東京クラシック、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#3

 昨年初めて作成して好評だった「接待に適している」ゴルフ場ランキングを今年も実施。全国のゴルフ場支配人162人とアマチュアゴルファー559人の計721人が選んだ「接待に適している」ゴルフ場のベスト15コースを紹介する。上位には知る人ぞ知る高級コースがランクインした。

>>記事はこちら

#4 5月20日(月)配信
ゴルフ場ランキング2024【エリア別】支配人・読者が厳選した39コース!関東10位に大洗と我孫子など名門コース、各エリア1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#4

「週刊ダイヤモンド」恒例の「ベスト」ゴルフ場ランキング。全国のゴルフ場支配人162人とアマチュアゴルファー559人の計721人が選んだエリア別ゴルフ場のベスト39コースを紹介する。関東10位には大洗ゴルフ倶楽部や我孫子ゴルフ倶楽部といった名門がランクインしている。

>>記事はこちら

#5 5月21日(火)配信
霞ヶ関、廣野、小金井…ゴルフの超名門10大倶楽部の全貌!知られざる入会条件とクラブライフを大紹介

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#5Photo:Jared C.Tilton/gettyimages

 霞ヶ関カンツリー倶楽部をはじめとする超名門の「十大」ゴルフ倶楽部は、いくらカネを積もうが入会することができない。最高峰倶楽部の入会審査、クラブライフの内実をお届けする。

>>記事はこちら

#6 5月22日(水)配信
【ゴルフ場ランキング2024】支配人162人が選ぶ「ベスト18コース」8位に廣野と相模原、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#6

 コースメンテナンスやスタッフの指導など、ゴルフ場の運営を取り仕切る“番頭”が、ゴルフ場支配人だ。ゴルフ場運営のプロの目から見た「ベスト」ゴルフ場に選ばれたのは、果たしてどこか。

>>記事はこちら

#7 5月23日(木)配信
三菱商事・伊藤忠・サントリー・日清…財界首脳御用達の「名門ゴルフコース」16選、“大人の社交場”の魅力

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#7写真提供:廣野ゴルフ倶楽部

 名門ゴルフ倶楽部は大人の“社交場”として、エスタブリッシュメントが趣味と実益を兼ねてゴルフをたしなむ。サントリーホールディングスの佐治信忠代表取締役会長や伊藤忠商事の岡藤正広代表取締役会長CEO(最高経営責任者)ら大物財界人が集うコースは、いったいどのゴルフ場か。

>>記事はこちら

#8 5月24日(金)配信
【ゴルフ場ランキング2024】隠れた名コース「ベスト7」2位タイに清澄ゴルフ倶楽部と裾野カンツリー倶楽部、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#8

 毎年恒例のゴルフ場ランキングで、ダイヤモンド編集部が今年初めて選出したのが、「あなたが伝えたい隠れた名コース」だ。全国のゴルフ場支配人162人とアマチュアゴルファー559人の計721人が選んだ「隠れた名コース」ゴルフ場のベスト7コースを紹介する。

>>記事はこちら

#9 5月25日(土)配信
「激ムズ」ゴルフコース・宮崎県フェニックスカントリークラブ、国内最高峰ツアーの舞台でのプレーを記者が体験!

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#9

 50回の歴史を重ねてきた国内最高峰の男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の舞台が、宮崎県のフェニックスカントリークラブだ。記者が体験ラウンドでその魅力に迫った。

>>記事はこちら

#10 5月26日(日)配信
国内最高峰ゴルフツアー「ダンロップフェニックス」、コース運営母体の経営破綻で開催危機も!知られざる苦闘の50年史

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#10Photo by Ryo Horiuchi

 世界のトッププロが激闘を繰り広げてきた国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」は、50回もの歴史を重ねた。しかし、そこには知られざる苦闘があった。

>>記事はこちら

#11 5月27日(月)配信
【ゴルフ場会員権「値上がり」ランキングトップ20】1位・東京の超名門コースは400万円も高騰!

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#11

 ゴルフブームに支えられ、ゴルフ場会員権の相場は堅調に上昇を続けている。値上がりが続く名門コースや注目を集めたリゾートコースを紹介する。

>>記事はこちら

#12 5月28日(火)配信
中堅ゴルフコース17選、300万円でデビューも!名門倶楽部への“近道”となる「お得」な準名門は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#12

 名門ゴルフ倶楽部の会員になるには、1000万円を超える予算とその倶楽部にふさわしい入会資格が求められる。まずは準名門・中堅コースに加入してから名門を目指すのが、“近道”だ。

>>5月28日(火)配信

#13 5月29日(水)配信
男子ツアー機構のトップ、“レジェンド”青木功への評価は?内紛、お友達内閣…「迷走8年」の通信簿

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#13写真:清流舎

 日本ゴルフ界のレジェンド、青木功氏が4期8年の任期を終えて日本ゴルフツアー機構会長を退任した。青木政権は、8年にわたって迷走続きだった。その8年間を検証し、採点する。

>>5月29日(水)配信

#14 5月30日(木)配信
原英莉花、小祝さくら、臼井麗香…国内女子プロゴルファー「Z世代」10人の人気と実力を徹底解剖!

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#14Photo:Atsushi Tomura/gettyimages

 女子プロゴルフが高い人気を誇る理由は、ニューヒロインが次々と誕生し、キャラクターが立った話題性のある選手が豊富なことにある。ダイヤモンド編集部が注目した、国内女子ツアーを彩る「Z世代」10人を紹介する。

>>5月30日(木)配信

#15 5月31日(金)配信
【女子プロゴルフ「人気選手」ランキング】9位に柏原明日架、4位は金田久美子、1位は?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#15Photo:Hiromu Sasaki/gettyimages

 女子プロゴルフの人気が高い理由の一つに、ファンの心をつかんで離さない強い発信力がある。国内外で活躍する現役選手を対象に、女子プロゴルフ選手「人気」ランキングを作成した。

>>5月31日(金)配信

#16 6月1日(土)配信
女子ゴルフの次世代を担う“金の卵”、昨年プロテストに合格した「大注目の3選手」を紹介!

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#16Photo:Atsushi Tomura/gettyimages

 毎年行われる女子プロテストの合格者は、次世代の女子プロゴルフ界を引っ張る“金の卵”ともいえる。2023年合格組のうち、注目の3選手を紹介する。

>>6月1日(土)配信

#17 6月2日(日)配信
世界のゴルフ場を知る「マルちゃん」こと丸山茂樹が解説!“思い出”の絶賛国内3コースとは?

ビジネスに効く! ゴルフ場ランキング2024最新版#17

「マルちゃん」の愛称で親しまれる丸山茂樹プロは、国内ツアー通算10勝、米PGAツアーで3勝を挙げた「世界を知る」男だ。そのマルちゃんが絶賛する日本のコースとは。

>>6月2日(日)配信

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

Key Visual by Noriyo Shinoda, Kanako Onda