出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長

出口治明
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。
京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。
企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。
ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。
同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。
2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。
訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。
歴史への造詣が深いことから、
京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
おもな著書に『哲学と宗教全史』(13万部突破)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】世界中のムスリムが、アラビア語でクルアーンを詠唱している理由
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】イスラーム教が世界中に信者を増やした、たった1つの理由
【出口学長・特別講義】なぜ、イスラーム教には司祭や僧がいないのか?9割の人が知らない!「六信五行」の真の意味
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】日本人なら読んでおきたいイスラーム教がよくわかる名著とは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】最新学説で読み解く!インドで仏像がつくられた真の理由
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】日本人の9割が知らない「大乗」仏教という新しい考え方
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】キリスト教が発展した時代、インドで大乗仏教が登場した理由
【出口学長が教える哲学と宗教】わかりにくい「三位一体説とは?」が今日からひと言で言えるようになる秘密
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】キリスト教が世界に広がった見事な布教戦術と誰も知らない《寒冷化》の影響とは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】現代の知の巨人が語る!「Q資料」「ナグ・ハマディ文書」「グノーシス主義」とは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】現代の知の巨人が推薦!キリスト教を深く知りたい方へ贈る分厚い一冊
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】ヘレニズム時代とは、「ポリスが空っぽになった時代」である

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP