出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長

出口治明
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。
京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。
企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。
ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。
同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。
2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。
訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。
歴史への造詣が深いことから、
京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
おもな著書に『哲学と宗教全史』(13万部突破)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】墨子はすでに「幸福度指数」の発想を持っていた!?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】9割の人が知らない!孔子を祖とする儒家から激しく非難された墨子の「節葬」とは?
【出口治明学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】墨子が考えた「非攻」という思想を3分で理解しよう。
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】墨子の思想「兼愛」は現代のヒューマニズムに匹敵する新しさだったといえる理由
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】あなたは「孔子とプラトンの共通点」をひと言でいえますか?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】なぜ、孔子は「礼」と「仁」を強く訴えたのか?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】9割の人が知らない!あの孔子が憧れた世界史上の重要人物とは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】9割の人が知らない!孔子、墨子、ブッダ、マハーヴィーラが生きたBC500年前後の世界地図
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】検証!ソクラテスの妻はほんとうに“悪妻”だったのか?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】9割の人が知らない!アリストテレスが「万学の祖」と呼ばれた「4性質説」とは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】日本人が知らない!中庸を説いたアリストテレス倫理学のエッセンスとは?
【出口学長・日本人が最も苦手とする哲学と宗教特別講義】日本人が知らない!プラトンが天を指し、アリストテレスが地を指している理由
【出口学長・哲学と宗教特別講義】80歳まで生きたプラトンがピュタゴラス教団から受けたトテツモナイ影響

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP