堀江宏樹

作家、歴史エッセイスト

ほりえ・ひろき/作家、歴史エッセイスト。大ヒットしてシリーズ化された『乙女の日本史』(東京書籍)、『本当は怖い世界史』(三笠書房)のほか、著書多数。雑誌やWEB媒体のコラムも手掛け、恋愛・金銭事情を通じてわかる歴史人物の素顔、スキャンダラスな史実などをユーモアあふれる筆致で紹介してきた。漫画作品の原案・監修協力も行い、近刊には『ラ・マキユーズ ヴェルサイユの化粧師』(KADOKAWA)などがある。

【光る君へ】紫式部が職場イジメを乗り切った「バカのふり」作戦、平安貴族はママ友関係ばりにドロドロ?
姪っ子を妊娠させて海外逃亡→暴露小説を朝日新聞で発表…「禁断の愛」に溺れた身勝手すぎる文豪とは?

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP