株主優待情報[2016年]
2015年4月24日公開(2016年6月8日更新)
バックナンバー

「株主優待情報[2016年]」

著者・コラム紹介

株主優待情報[2016年]

肥後 紀子

値下がりリスクなしで株主優待をゲット!?
ネット証券各社で使える
「つなぎ売り」のやり方を徹底解説!

「権利落ちの値下がりリスクを抑えつつ、株主優待を手に入れられる方法」として、主要ネット証券5社のすべてのサイトに掲載されている「つなぎ売り」という手法。株主優待の投資をしている人には非常に気になる方法だが、どんな取引なのだろうか。具体的なやり方や注意点などを見ていこう。

「つなぎ売り」
=「現物の買い」+「信用の売り」→「現渡し」

 ネット証券大手5社(SBI証券カブドットコム証券松井証券マネックス証券楽天証券)のサイトでは、いずれも信用取引の活用法のひとつとして「つなぎ売り」を紹介している。

 「つなぎ売り」の説明に入る前に、まずは株主優待投資の超基本である「権利確定日」「権利付き最終売買日」「権利落ち日」の意味と関係を、ザッと復習しておこう。

「権利確定日」は、文字通り株主の権利が確定する日。この日までに株主になっていれば、株主優待や配当が受け取れる。ただ、手続きの都合上、権利日に株主になるためには3営業日前の「権利付き最終売買日」までに株を買っておくことが必須。そして、最終売買日の翌営業日が「権利落ち日」。権利落ち日に買っても、株主優待や配当はもらえないため、この日になると株主優待や配当分程度、株価がガクっと下落することが多い。

 さて、「つなぎ売り」は別名「クロス取引」とも呼ばれる取引手法で、権利落ち後の株価の下落リスクを避けて株主優待だけを獲得できることから、以前からコアな株主優待の投資家には知られていた。

 そもそも、株主優待や配当のある銘柄は、株主優待や配当の権利付き最終売買日の翌日になると、株価がガクッと下がることが多い。ときには、株主優待や配当の分を超えて下落することもある。値下がりは一時的で、その後再上昇する場合も少なくないが、「権利を取ったらできるだけ早く売って、ほかの銘柄を買いたい」という場合などもあるだろう。

 「つなぎ売り」を利用すれば、株主優待の権利を取ったら値動きを気にせずに、すぐ売却することが可能になる。しかも、やり方自体は、意外なほどカンタンだ。株主優待獲得のために、権利付き最終売買日より前に現物取引で必要な単元数を買い、同じ値段で信用取引で同じ単元数を空売りする。あとは、翌日に優待権利獲得後に「現渡し」の方法で2つの取引を終了するだけ!

現物の買いと信用の売りを同じ価格にするために、権利付き最終売買日の寄付(よりつき)で買うのが一般的。


 これで、株主優待を獲得する権利が手に入り、現物売りのマイナス分と信用売りのプラス分で損益が相殺されることで、株価の値下がりリスクも避けられる。ちなみに、配当のある銘柄では、信用取引の売り建てで権利日を持ち越すと、配当相当分が引かれてしまう。現物の買いでもらえる配当は、信用の売りで相殺されるため、配当は実質的には受け取れない。

「つなぎ売り」は、
できる銘柄とできない銘柄がある!

 しかし、すべての株主の優待の銘柄でこの「つなぎ売り」の手法を使えるわけではない。理由は、信用取引で空売りができない銘柄があるため。空売りができるのは、①貸借銘柄に指定されている銘柄②一般信用取引で売り建て可能な銘柄となっている。

 このうち、①については証券取引所で一律に決めているため証券会社による取扱い銘柄の差はない。一方、②を扱っているのは主要ネット証券では、SBI証券カブドットコム証券松井証券の3社のみ。どの銘柄を扱っているかなどは、各社で異なっている。

◆一般信用売りができるネット証券の例 【2015年4月時点】
  売建可能銘柄数 ※
一般信用売り
の貸株料(年利)
口座開設
長期 短期
カブドットコム証券
1338銘柄 882銘柄 1.5%(長期)
3.9%(短期)
ネット証券比較!カブドットコム証券の公式サイトはこちら!
松井証券
785銘柄 2.00%
ネット証券比較!松井証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
53銘柄 3.90%(短期のみ)
ネット証券比較!SBI証券の公式サイトはこちら!
※優待実施銘柄以外も含む ・2015年4月15日時点

 

 一般信用で売り建て可能な銘柄数が圧倒的に多いのは、カブドットコム証券だ。

カブドットコム証券【証券情報⇒カブドットコム券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキングのカブドットコム証券の公式サイトはこちら!
【カブドットコム証券のメリット
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】お宝銘柄をニュースに先んじて買う方法があった!【カブドットコム証券】「kabuステーション」を使え
カブドットコム証券の口座開設はこちら!

 たとえば、5月の優待銘柄では、イーサポートリンク(2493)やニイタカ(4465)は貸借銘柄ではないため、通常は「つなぎ売り」の手法が使えない。しかし、カブドットコム証券でなら、一般信用売りが可能なため「つなぎ売り」ができる。

 扱い銘柄数が3社の中で最も少ないSBI証券は、今年に入ってから一般信用銘柄の売り建てのサービス提供を開始。今後は長期の売り建ても可能になる予定で、そうなれば扱い銘柄数が増えることが期待される。

 なお、SBI証券松井証券では売り建てたその日のうちに返済するタイプの一般信用売りも扱っているが、当日返済では「つなぎ売り」に使えないため、今回は触れていない。

「つなぎ売り」にトライする前に、
絶対に知っておくべき注意点とは?

 ここからは、「つなぎ売り」で注意すべきポイントについて説明しよう。

 手順自体がカンタンなのはすでに説明した通りだが、仕組みをよく理解しておかないと、値下がりリスクは避けられても「株主優待金額以上の費用」が発生してトータルでは損をしてしまうことがあるからだ。

 信用取引で空売りをすると、通常の取引手数料に加えて「貸株料」と呼ばれる株の借り賃が必要になる。しかし、コストはそれだけとは限らない。前述の(1)貸借銘柄の場合は、空売りが増えすぎると通常の「貸株料」だけでなく、「逆日歩」(正式名称は品貸料)と呼ばれる追加の「株のレンタル料」がかかることがあるのだ。

 「逆日歩」は、発生するときとしないときがあり、さらに発生しても金額が少なくて済むこともある。だが、ときには優待金額を上回ってしまうこともあるため、貸借銘柄で「つなぎ売り」をする際には、「逆日歩」に気を配っておくことは必須と言える。

 逆日歩がつくかつかないかは、正式には最終売買日の翌日にならないとわからない。とはいえ、次の3点を押さえておくことで、ある程度は「逆日歩リスク」の高い銘柄は避けることができるだろう。

1.最終売買日直前に「信用売残」が「信用買残」を大幅に上回っている銘柄は避ける

2.高額逆日歩が付きやすい「貸株注意喚起」が出ている銘柄は避ける

3.過去にたびたび高額逆日歩がついた銘柄はできれば避ける

 1と2はネット証券サイトの銘柄情報ページで確認できる。3については、自分で「銘柄名」「高額逆日歩」「○月権利」といったキーワードを組み合わせて検索すれば、過去の高額逆日歩銘柄が見つかる可能性がある。

 また、カレンダーによって逆日歩がかかる日数は変わる。逆日歩が多くかかる月は「つなぎ売り」を行なわないのもリスクを避ける有効な方法と言える。

逆日歩は「(借入の受渡日から返済の受渡日までの日数)-1」日分かかり、祝日や土日を挟むと日数が増える。


 一方、(2)の一般信用取引で売り建て可能な銘柄の場合は、仕組みが異なるため、逆日歩は一切発生しない。そこで、(1)と(2)の両方で取引できる銘柄(=貸借銘柄で、かつ一般信用の空売りも可能な銘柄)では、一般信用売りのほうで「つなぎ売り」を行なえば安心だ。

 ただし、一般信用取引で空売り可能な銘柄の場合、扱っているネット証券ごとに取引できる数に限りがある。売り切れ(=売建禁止)になると「つなぎ売り」ができないので、残りの数をチェックしつつ、最終売買日よりかなり早めに取引するといった対策が必要になる場合もあるだろう。

 …と、注意点もいろいろある「つなぎ売り」だが、上手に使えば株主優待ライフがもっと充実する可能性大。各社のサイトの情報なども参考に、興味があればしっかり理解した上でぜひトライしてみては?

松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
0円 300円 500円
ネット証券比較!人気の松井証券の公式サイトはこちら!
【松井証券の特長】
他社にない個々のサービスは、目的を持って取引をする投資家にとって利用価値が高い。たとえば、現物株の手数料は一日定額制の場合、10万円以下は無料。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」なども。多くの証券会社で不可能な一般信用取引の新規売建が幅広い銘柄で利用できる。また、各種特殊注文機能、無料トレードツール「ネットストックハイスピード」もあり、トレード積極派に役立つサービスやツールが充実している。投資情報では、他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料。チャートの形状から銘柄検索ができる「チャートフォリオ」、テーマ株探しに役立つ「ニュースファインダー」など、今が旬の銘柄を自分で探したい人にもおすすめ。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円(無料)!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
松井証券の口座開設はこちら!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2016年]でチェック!

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

◆桐谷さんも現在利用中という“お墨付き”だから安心!
 株初心者、株主優待投資家におすすめのネット証券5社はココだ!

(※関連記事⇒◆「株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」
         桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!)

指値(1約定ごと)※税抜 会社詳細
10万円 30万円 50万円
 ◆松井証券初心者に特におすすめ!)
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
桐谷さんが使っているおすすめの松井証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】
ネット証券の先駆けで、桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。高配当な株主優待銘柄を探す検索機能も桐谷さんのお気に入り。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
桐谷さんが使っているおすすめの松井証券の公式サイトはこちら!
 ◆SBI証券(みんなにおすすめ!)
139円 272円 272円
桐谷さんが使っているおすすめのSBI証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんがSBI証券をおすすめする理由】
桐谷さんも利用しているSBI証券は「株主優待検索」で「優待利回り」「優待がある5万円以下の銘柄」などのほか、「ファッションの優待」などジャンル別で銘柄を絞り込めるので、優待投資家には便利。また、30年チャートが表示できるので長期保有する際に参考になる。桐谷さんも投資する前には30年チャートをよく参考にするそうだ。ただし、手数料はそれほど安くはないので、売買回数が多い人は注意。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
桐谷さんが使っているおすすめのSBI証券の公式サイトはこちら!
 ◆GMOクリック証券(売買手数料が安くておすすめ!)
88円 241円 241円
桐谷さんが使っているおすすめのGMOクリック証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんがGMOクリック証券をおすすめする理由】
手数料の安さに魅かれて桐谷さんが口座開設をしたGMOクリック証券。また、GMOグループの株を保有する桐谷さんにとってはGMOアドパートナーズやGMOインターネット、GMOクラウド、GMOパペポなどの優待を使うことで1年間に2万~3万円の株式取引手数料が無料になるため「GMOクリック証券は積極的に使っている」(桐谷さん)。桐谷さんが利用しているのは「一約定ごと」の手数料コースだ。
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!~適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
桐谷さんが使っているおすすめのGMOクリック証券の公式サイトはこちら!
 ◆ライブスター証券(売買手数料が最安レベルでおすすめ!)
80円 180円 180円
桐谷さんが使っているおすすめのライブスター証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんがライブスター証券をおすすめする理由】
2011年に知人が講師を務める「初心者セミナー」に参加するために口座を開設したライブスター証券だが、ちょうど2カ月間手数料無料キャンペーンを実施していたため、「2カ月間、必死で売買しました」(桐谷さん)。手数料無料キャンペーンを実施していなくても手数料はネット証券でも最安レベルなので、現在も利用している。桐谷さんが利用しているのは一約定ごとの手数料コースで、10万円まで86円(税込)、20万円までで104円(税込)と「手数料が安いので使っています」(桐谷さん)
【関連記事】
◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!~日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
桐谷さんが使っているおすすめのライブスター証券の公式サイトはこちら!
 ◆岩井コスモ証券(少額取引が多い個人投資家に特におすすめ!
80円
(一日定額制の場合)
240円
(一日定額制の場合)
400円
(一日定額制の場合)
桐谷さんが使っているおすすめの岩井コスモ証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんが岩井コスモ証券をおすすめする理由】
桐谷さんが「手数料が安い」ことから、2000年頃から利用していた岩井コスモ証券。その後ワケあって他社へ株券を移管する際、スピーディーな対応をしてくれたことに恩義を感じて、現在に至るまで取引を続けている。桐谷さんが利用しているのは一日定額(アクティブコース)10万円まで86円(税込)、20万円までだと172円(税込)となり、「10万円超20万円以下では松井証券より安くなるので、投資金額が安い株は岩井コスモ証券で売買する」(桐谷さん)。少額取引が多い個人投資家にはおすすめだ。
桐谷さんが使っているおすすめの岩井コスモ証券の公式サイトはこちら!
  ◆東海東京証券(女性に特におすすめ!
1500円 1500円 1725円
桐谷さんが使っているおすすめの東海東京証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんが「女性」に東海東京証券をおすすめする理由】
桐谷さんが「特に初心者の女性投資家におすすめ」というのが東海東京証券。「乙女のお財布」という女性投資家向け特設サイトがあり、「オススメ優待銘柄」「中長期・値上がり期待銘柄」などのジャンル別でおすすめの銘柄を教えてくれるので、初心者には銘柄選びの手助けになる。また、女性専用の電話サポートも用意されているほか、女性限定セミナー、イベントも。ただし、手厚いサポートの分、手数料は高め。
桐谷さんが使っているおすすめの岩井コスモ証券の公式サイトはこちら!

ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年11月時点・最新情報】
◆【ネット証券会社おすすめ比較!】
手数料、取引ツールetc.で比較!おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆楽天証券
139円 341円 341円
ネット証券比較!人気ランキング!楽天証券の詳細情報はこちら!
【楽天証券のメリット】
手数料コースの中に「超割コース」があり、貸株、投資信託の残高、信用取引の残高などに応じて、手数料が段階的に10%・20%・30%と割引になる。取引残高の大きな人ならお得度アップ。取引からニュース、投資情報、入出金などに使えるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名だ。たとえば、「日経テレコン」では日経新聞の記事も読める。また、国内外の多彩な商品揃えも特長。投資信託が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、さらに金の積立投資もできるので長期的な分散投資にも便利。投資に役立つメールサービス「マーケットアロー」や毎日読める投資レポート&コラムは、投資の知力アップにおすすめだ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
楽天証券の公式サイトはこちら
 ◆松井証券
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
証券会社(ネット証券)おすすめ人気ランキング!松井証券の詳細情報はこちら!
【松井証券のメリット】
松井証券のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば手数料が無料になる点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。「顧客満足度調査」で第1位を獲得しており、取引ツール「ネットストックハイスピード」の利便性などは折り紙つき。チャートの形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」をより利用しているという株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業のデイトレーダーでも利便性が高いサービスが充実しているので、初心者以外にもおすすめ!
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
 ◆カブドットコム証券
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキング!カブドットコム証券の詳細情報はこちら!
【カブドットコム証券のメリット】
口座開設を申込後、最短で翌日から取引可能なので、思い立ったらすぐに株式投資を始められるのが魅力。「リスク管理追求型サービス」として、逆指値やトレーリングストップなど、自動売買ができる。リスクを抑えつつ、利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ!一方、短期売買に役立つのが板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」だ。「リアルタイム株価予測」を備え、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する。三菱UFJフィナンシャル・グループである点も強み。同グループ関連の指定のETFは、手数料無料の「フリーETF」として、低コストな分散投資に役立つ。その他、スクリーニングツール「kabuナビ」、アナリストレポートは、自分なりに旬の銘柄を探したい人に役立つ。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券おすすめのポイントはココだ!】無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
株式売買手数料(指値) ※松井証券は一日定額制の手数料 口座開設
10万円 30万円 50万円
 ◆GMOクリック証券
88円 241円 241円
ネット証券比較!人気ランキング!GMOクリック証券の詳細情報はこちら!
【GMOクリック証券のメリット】
株式売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、株主優待名人・桐谷広人さんも利用している人気の証券会社。近年は各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、ネット証券で上位5社に食い込むほど急成している。本格派のトレードツール「スーパーはっちゅう君」は株と先物取引の両方に利用できる優れもの。また、商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFD(差金決済取引)まである充実ぶり。CFDでは「日本225」「原油」「米国30」ほか、株式指数、商品(コモディティ)指数、人気の外国株など多彩な取引ができるので、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできて便利だ。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は?手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!~桐谷広人さんの「ネット証券口座事情」~
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
 ◆マネックス証券
100円 250円 450円
ネット証券比較!人気ランキング!マネックス証券の詳細情報はこちら!
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気ランキング!SBI証券の詳細情報はこちら!
【SBI証券のメリット】
証券口座開設数300万超はネット証券で1位。そもそも手数料の安さが人気の理由だったが、安いだけでなく、大手ならではの他社に秀でたサービスにも注目したい。たとえば、投資信託の取り扱いは2000本超でダントツ。IPOの取扱いもネット証券で1位。PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合がある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、ASEAN株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には必須の証券会社と言えるだろう。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SBI証券の公式サイトはこちら
*1 松井証券の手数料は一日定額制の場合 ※手数料は各社とも税抜

 

優待名人の桐谷さんが「おすすめ」とお墨付き!
一般口座は約定代金10万円まで手数料無料、
NISA口座も手数料が無料!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら
Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!