それでも、近年の将棋ソフトの急速な進歩を思うと、藤井四段がその時代の最強の将棋ソフトに勝てるようになると予想する将棋ファンは少ないだろう。AIとの対比で強さを見られると、藤井四段のような才能も「遅れてきた天才」に見えてしまう。

 過去何年もの間、日本将棋連盟のビジネス的な方針として、プロ棋士が公開の場で将棋ソフトと戦うことを制限してきた。そのため、かつてプロ棋士が将棋ソフトに対してどれくらい強かったのか、また、いつどのように将棋ソフトが強くなって人間の最高峰を超えたのかが分からなかったことは、将棋ファンにとってかなり残念なことだった。

 また、当時のプロ棋士自身も「将棋が強い相手」がいるのなら、それがソフトであっても純粋に勝負してみたかっただろうし、そうした勝負の機会を多数設ける方が、棋士もソフトもより早く強くなっただろうし、より良い棋譜が多くできて将棋の技術も進歩したのではないだろうか。

 かつての日本将棋連盟が、プロ棋士とコンピューターソフトを戦わせる「興業」で小銭を稼ごうとしたために、藤井四段のような大才が、一般ファンから見て強く見えないとすると残念だ。棋士とAIを対等に戦わせるような見世物を強調してしまうと、プロ棋士のありがたみがイメージ上、薄れてしまう。これは、長期的に見てマーケティング上の失敗だったと思う。

 藤井四段が記録を作った日の前日にNHK総合テレビで放映された「AI」をテーマとした番組で、将棋のみならず日本人の「優れた頭脳のアイコン」である羽生善治氏が述べていたように、人間は(棋士も)今後、AIを自分の能力を高めるためにどう使うかが問題とされるようになるのだろう。

 藤井四段は、ソフトを上手に研究に使っているのだろうと推察されるが、彼を含む若手棋士たちには、ソフトを人間が強くなるためのトレーニングのツールとして効果的に使う「新時代の棋士」像を期待したい。

 今後、AI技術が進歩する中で、将棋以外の分野についても、将棋がある種のモデルケースを提供できるのではないだろうか。