9月にロボットが侵入してきた。光沢のある高さ約90センチの円柱型ロボット2台が、高層ビルのエレベーターに乗って、デスクから離れられない社員のためにランチを運んでくる。  子供だましのようにも見える。北京には、スマートフォンのアプリで注文すると、スクーターに乗って麺類やギョーザなどの昼食を配達する業者が山ほど存在する。  とはいえ、筆者もこのロボットを試してみることにした。いつものようにスマホのアプリで注文。オフィス内では昼食のサラダをロボットに届けてもらうようリクエストした。