【北京】中国の電子商取引最大手アリババグループから出資を受けるなど期待の星だった中国の自転車シェアサービス大手ofo(オッフォ)が競合他社との消耗戦の末、経営難に陥っている。  ofoのキャッシュフロー(現金収支)を巡っては以前から黄信号が点滅していたが、今や資金繰り難が明らかにしなった。同社のアプリの利用者らによると、多数の利用者がofoに15〜30ドル(約1700〜3300円)の保証金の返還を求めている。そのうち一部は返金を求めてofoの北京本社に押し寄せた。