世界銀行は7日、ジム・ヨン・キム総裁が2月1日付けで退任すると発表した。インフラ投資を専門とする会社に移籍するためと説明しているが、社名については明らかにしていない。任期まで3年近く残しての退任となる。  キム総裁による突然の退任表明で、後任人事を巡り、トランプ政権と他国との間で争いが繰り広げられる可能性がある。世銀総裁はこれまで、米国が決めるのが通例となっているが、多くの国から、米国が人事権を牛耳っている現状を変えるよう求める声が上がっていた。