ビジネスマンPhoto:PIXTA

 常に人並み以上の結果を出す職場のスター社員は成功が約束されている。上司からも顧客からも取引先からも称賛を浴びる。

 だが必ずしもそうなるとは限らない。スター社員は自ら燃え尽きたり、チームの機能を妨げるボトルネックになったり、同僚から学習や成長の機会を奪ったりする可能性があることが、最新の調査で判明した。

 チームが円滑に回り続けるためには、どれほど優秀な社員であっても、やるべき仕事に優先順位をつけ、同僚に仕事を割り振り、自分を頼ってくる人の行列を作らせないようにする必要がある。

 ジャスティン・ゴーグリン氏は時として週60時間働き、顧客対応で夜11時まで会社に居残ることもある。同氏は自動運転車などの制御システムを手掛けるミシガン州のエンジニアリング会社、ニューイーグル・コンサルティングでチーフエンジニアを務めている。彼のチームは多くのプロジェクトを並行してさばき、一度に4、5種類の納期を抱えることも珍しくない。

 ゴーグリン氏は顧客に特別に要請されてプロジェクトを担当することもある。ひとりで多くの仕事を背負い込む傾向を自覚しており、それが長い目でみた会社の成長につながらないことも承知している。「でも自分がやり方を知っている仕事なら、つい引き受けてしまい、やり遂げるためにより長く懸命に働くだろう」