年金の受給開始を5年遅らせると
42%も年金が増える!

 老齢年金の受給開始年齢は、原則65歳ですが、本人の選択で前倒しすることも、後に遅らせることも可能です。老齢基礎年金の場合、現行制度では受給開始を60~70歳の間で決めることができ、65歳より前に繰り上げると年金は減り、繰り下げると年金は増えるしくみです。

 繰り下げをすると、1ヵ月ごとに0.7%増額され、1年で約8%受給額が増えます。5年間遅らせて70歳から受給開始にした場合、42%も年金額がアップ。老齢基礎年金の満額が受け取れると仮定した場合、約78万円の受給が約111万円に増え、増額された年金を生涯にわたって受け取ることができます。

 とは言え、繰り下げたら、その期間、当然ながら年金はもらえません。資産を取り崩してまで本来もらえる年金を我慢する必要はなく、繰り下げは、あくまでも十分な収入がある場合の選択といえます。

 65歳から年金をもらった場合と繰り下げを選択した場合のどちらが得かは、何歳まで生きるかによります。一般的に繰り下げ受給にする年齢に約11年を足した年齢が損益分岐点と言われていますので、70歳へ繰り下げた場合は、81歳以上まで生きればトクということになります。

 もし、繰り下げ待機中に亡くなった場合は、65歳から亡くなるまでの期間分が未支給年金として遺族に支払われます。

 夫婦で暮らしていて、当面、夫の年金だけで賄えるのであれば、妻の老齢基礎年金だけ繰り下げるというのもアリです。また、国民年金だけでなく、厚生年金にも繰り上げ・繰り下げの制度はあり、厚生年金のみ繰り下げることもできます。