今の中学生は、ユーチューブのアルゴリズムやアマゾンの「アレクサ」とやり取りしながら育つ「AIネーティブ」第1世代かもしれない。