トヨタの「利益剰余金」を上回る超リッチな米国企業はどこか
企業の利益剰余金は多ければ多いほど経営成績がよく、マイナスへの転落は危険シグナルと判断できるが、注意すべき点は何か?(写真はイメージです)Photo:PIXTA

業績のいい会社、悪い会社は決算書のどの数字を見ればわかるのだろうか。『数字で読みとく会社の未来』の著書がある税理士の池田陽介氏が、さまざまな企業の財務データを読み解いていく。今回は日米の有名企業の「利益剰余金」に注目する。

 決算書のなかの「利益剰余金」というたった1つの科目を確認するだけで、企業の経営成績をたちどころに把握することができます。

 利益剰余金とは、会社がスタートしてからの利益の蓄積を示すもの。決算書の貸借対照表(バランスシート)の資本の部に計上されます。いわゆる、内部留保です。

 計算はいたって単純。期首における利益剰余金に当期利益をプラスして求めます。この利益剰余金は、会社の利益を計算する損益計算書(PL)とバランスシート(BS)を唯一つなぐものです。決算書における重要科目の1つです。

 基本的には、利益剰余金を右肩上がりで増やしている企業は、経営が順調に進んでいるといえます。それだけ利益を積み上げているからです。

 東芝やシャープは、利益剰余金がマイナスに転じた年度があります。巨額の赤字に陥り、それまで蓄積してきた利益剰余金を吐き出したわけです。東芝とシャープはその後、利益剰余金がともに黒字に転じていますが、利益剰余金のマイナスは経営状況の悪化、危険シグナルと読めます。

 利益剰余金のマイナスが続き、なおかつ、負債が資産を上回る債務超過状態になると赤信号の点滅です。