「トランプ・安倍」が前のめりの金正恩委員長との“直談判”の「死角」
Photo:123RF

 板門店でトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が6月30日、3度目の会談を行った。

 同日、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」主催の党首討論会に出席した安倍晋三首相は、「最後は、私が金正恩委員長と向き合って解決しなければならない」と語った。

 米朝首脳会談に刺激を受け、拉致問題の解決や国交回復など、北朝鮮との関係を自ら打ち出した「前提条件なき首脳会談」で打開しようとの意欲を改めて示した発言だ。

 だが、米朝首脳会談について、重要な点を安倍首相は見落としてはいないか。

 米朝首脳会談が示唆しているのは、「実務協議を軽視したら、とんでもない結果を招く」という警告なのではないか。

「親書外交」で急展開
板門店の米朝首脳会談

 板門店会談に至る経緯の出発点は「親書外交」だった。