中国政府は新型コロナウイルスへの対応についての世論を誘導するため、頼みの戦略を踏襲している。大規模なプロパガンダを展開し、批判的なニュースをもみ消そうとする戦略だ。  だが感染拡大で2600人余りの死者が出る中、国民は不信感を募らせ、プロパガンダが逆効果になる例も見られる。中国メディアから批判的な報道が出ないことに疑問の声が上がり、共産党の英雄を担ぎ上げようとするのは拙劣な試みだとの拒絶反応も出ている。  国営メディアでさえ、アプローチの失敗を認めている。