「知らなかった…」で学生生活を台無しにしないためにリスクに対する知識や心構えが必要(写真はイメージです) Photo:PIXTA

4月から子どもが大学生になる親にとって、不安はつきものではないでしょうか。特に、大学生活では自由な行動・時間が増える一方、契約トラブルやSNSトラブル、自然災害などに子ども自身が対応しなければなりません。「知らなかった…」で学生生活を台無しにしないためにも、そういったリスクに関する知識や心構えを子どもが知っておく必要があります。そこで今回は、三菱総合研究所、全国大学生活協同組合連合会、全国生協共済生活協同組合連合会の『すぐに役立つ最新対応版 大学生が狙われる50の危険』(青春出版社)から、イマドキの大学生が気をつけるべき危険をいくつか紹介します。

クラブやサークルの新入生勧誘に潜む「罠」とは

 大学生活を彩るものの一つに、クラブやサークル活動があります。所属する学部や学科、学年を超えて新しい出会いが待っています。新入生の入学シーズンは、そんなクラブやサークルにとっても、新しい仲間を集める大切な時期で、キャンパスで活発な勧誘活動が繰り広げられます。

 優勝を目指すために新しい力を必要とするクラブもあれば、それらを応援することに青春をかけるクラブ、合唱やオーケストラ、演劇に熱心に取り組むクラブなど、いろいろな団体が新しいメンバーの獲得を目指すのも、この時期ならではです。学生生活の中で、クラブやサークルでの活動が、かけがえのない思い出や将来につながるエネルギーになっていくのもよくあることです。