Photo:PIXTA

長く親との関係に葛藤を抱えていた30代の男性が、父親の仲介によって第三者からNPO法人を譲渡され、山梨県の事務所を拠点に現在ひきこもり支援事業を始めようとしている。自身が経験したひきこもり生活が非常に辛く、ひきこもり生活の中で頑張りたい人に寄り添いたい思いからだ。いまは衝突していた親子関係も修復し、以前やっていた物を投げたり壊したりするなどの行為は一切しなくなったという。本人の中に、一体どのような意識の変化があったのか。(ジャーナリスト 池上正樹)

30代男性が親との関係に
葛藤を抱えるに至った経緯

 男性は、山梨県に住む藤原弘章さん(37歳)。両親に対しては、幼少の頃から反発していたという。

 弘章さんが高校を中退後、両親は、県外にある寮生活型のフリースクールをどこからか探してきた。

「寮に入るのなら、1人暮らしをさせてほしい。出ていく費用は変わらないはず…」

 弘章さんは、そう両親に訴えた。

 それでも親が進める流れにあらがいきれず、弘章さんは諦めてフリースクールの寮に入ることになった。

 しかし、寮生活を始めてみると、プライバシーがまったくない。アパートの一室には、3人の生徒が押し込められていた。しかも、みんな当たり前のように、そこで寝泊まりしている。弘章さんには不思議だった。「自分がおかしいのかな」と思った。フリースクールに行かなくなればここを出られると考え、そのままやめることになった。

 その後は、就職したものの長続きせず、辞めたり働いたり、という状態を繰り返した。

「逆らったら、入院させるぞ」

 親は親で必死だったと思うが、そんな父親の言葉に、ずっと弘章さんは縛られてきたと話す。