デジタル円
写真はイメージです Photo:PIXTA

中銀デジタル通貨が普及すれば
いまの「日本円」は存在するか

 中央銀行デジタル通貨への関心が高まる中でよく聞かれるのは、「日本円はなくなるのか」というものだ。

 答えは言うまでもなく「ノー」である。デジタル円が導入されても、物理的な存在である現金がデジタルデータに変わるだけで、日本円であることに直接的な影響はない。

 しかし、もう少し長い目で見ると、実は答えもそう単純ではない。

国際通貨圏の一部に組み込まれる
可能性は否定できない

 日本銀行による「デジタル円」が本格的に導入されれば、どういうことが起きるのだろうか。

 まず考えられるのは、民間サービスとの高度な連携だ。専門的な言い方をすると、相互運用性が実現することが期待されることだ。

 例えば、スマホ上で日銀が供給するデジタル円と民間企業が提供する消費者サービスのポイントなどが簡単に交換できるようになる。