米大統領選,アメリカ
Photo:PIXTA

バイデン候補が「過半数」獲得
大接戦、投票日から4日後

 米主要メディアは、11月7日午前(日本時間8日未明)、米大統領選で、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)の当選が確実になったと一斉に報じた。

 激戦州のペンシルベニア州(選挙人20人)でバイデン氏が勝利し、当選に必要な選挙人270人以上を獲得する情勢となったとして、米TV3大ネットワークのABC、CBS、NBCに加え、CNN、ロイター通信、AP通信、保守系メディアのFOXニュースもバイデン氏の当確を報じた。

 ただアリゾナ州(選挙人11人)のバイデン氏当確を打っているのは、主要メディアでは現時点(日本時間9日16時)では、AP通信とFOXニュースだけで、選挙人獲得数は2社が、バイデン氏290人、トランプ氏214人としているのに対し、ABCなどはバイデン氏279人、トランプ氏214人。

 11月3日の投票日から4日たって、ようやく、報道ベースでは新大統領が決まることになったが、トランプ大統領は「負け」を認めておらず混乱が来年1月まで続く可能性がある。