総予測 米国株
Photo:Spencer Platt/gettyimages

史上最高値の更新を続ける米国株は、どこまで上がるのか!? 特集『総予測2021』(全79回)の#4では、米国株に詳しい専門家3氏が2021年の行方を予想。ダウ工業株30種平均の相場水準やその理由、注目業種などを展望してもらった。(ダイヤモンド編集部 竹田幸平)

「週刊ダイヤモンド」2020年12月26日・2021年1月2日合併号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は原則、雑誌掲載時のもの。

最高値更新が続く米国株
3氏の予想はある水準に集中

 コロナ禍の中でも、史上最高値の更新を続ける米国株。主要株価指数のダウ工業株30種平均は2020年11月下旬、ついに初の3万ドルを突破するに至った。

 そんな米国株の21年末の見通しを専門家に聞くと、ダウ平均を巡る回答者3人の予想値は「3万3000ドル」に集中した。次ページからは、3氏が予想する21年のダウ平均の高値・安値の水準やその時期、企業業績の増益率から注目業種、株価に影響を与えるプラス・マイナス要因、予測の理由・コメントまで一挙に紹介していこう。