Photo:123RF

11月末から12月前半にかけ、NHKがひきこもり関係の番組13本を一挙放送した「#こもりびと」プロジェクトが大きな反響を呼んでいる。このプロジェクトでは、筆者も番組づくりの一端を担わせていただいた。そこで、まだ余韻の冷めやらぬ「#こもりびと」のプロジェクト発案者である、NHK報道局の松本卓臣チーフ・プロデューサーに、プロジェクトが生まれたいきさつなどの話を聞いた。(ジャーナリスト 池上正樹)

引きこもる息子役の松山ケンイチさんが
父親役の武田鉄矢さんに訴えた言葉

「これまでだって、十分頑張ってきたんだよ。これ以上、何を頑張れって言うのよ」

 引きこもる息子の役を務めた松山ケンイチさんが、父親役の武田鉄矢さんに訴えるシーンが印象的だった、ドラマ「こもりびと」のワンシーン。11月末から12月前半にかけ、NHKがひきこもり関係の番組13本を一挙放送した「#こもりびと」プロジェクトが、大きな反響を呼んでいる。

 中でも、NHKスペシャルドラマ「こもりびと」(11月23日放送)とNHKスペシャル「ある、ひきこもり死 扉の向こうの家族」(11月29日放送)は異例の高視聴率をマーク。ビデオリサーチの調べによると、関東地区の総合視聴率はそれぞれ、「こもりびと」が11.0%、「ある、ひきこもり死」が10.3%に上ったという。局には「他人事とは思えない」という声が数多く寄せられ、引きこもる本人やその家族の間で「こもりびとロス」なる言葉も生んだ。

 また、今回のNHKスペシャルを見た自民党の下村博文政調会長が党内に「対策プロジェクトチーム」を立ち上げるなど、支援施策に当事者の声を反映させる流れも加速しそうだ。

 このドラマのタイトルにも使われた「こもりびと」プロジェクトが始まって以来、筆者は全国のひきこもり家族会などの現場で「なぜいま、NHKがキャンペーンやっているのですか?」とよく尋ねられた。