和菓子の太らない選び方は、「表面がつるっとしているもの」が目安。たとえば、「わらび餅」です。

 わらび餅は1人前で136キロカロリー。それに対し、「大福」は247キロカロリーもあります。これは、先ほど紹介したシュークリームより高いカロリーです。

「和菓子だから安心というわけではない」ことが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

やせたいなら「持って軽いものを選ぶ」

 和菓子と洋菓子、どちらにも共通する選び方のコツがあります。

 それは「重さが軽いものを選ぶ」ことです。

 たとえば、「モンブラン」は、1個140グラムでカロリーは511キロカロリー。対して、「スフレチーズケーキ」は1個90グラムとモンブランより50グラムも軽く、カロリーはモンブランの約半分ほどの、252キロカロリーです。

 和菓子はどうでしょうか。

「おはぎ」は1個125グラムで316キロカロリー。それに対し「もなか」は1個60グラムで171キロカロリーと、やはり重さが軽いもなかのほうが、カロリーは少ないのです。

 もし、何を食べたらいいのか迷ったときは、洋菓子も和菓子も、「重さが軽いものを選ぶ」――。

 こうすれば、お菓子を食べても太りません。

おうちdeダイエット
重いお菓子はカロリーも高め Photo:PIXTA