コロナ禍の前に行われた20年卒の採用。果たして主要企業はどの大学から学生を採用したのだろうか。総合商社、コンサル、金融、メーカー、流通、運輸、情報通信など主要12業種の58の企業別2020年採用大学ランキングを作成した。第5弾は3大自動車メーカーであるトヨタ自動車、日産自動車、ホンダの採用大学ランキングをお届けする。

 100年に一度の激変に直面している自動車業界。動力源はガソリンから電気へ、利用方法は所有からシェアへ、運転方法は手動から自動(一部)へというように、大きな変化が起きている。トヨタ自動車の豊田章男社長は「自動車メーカーからモビリティカンパニーへのモデルチェンジ」を宣言した。

 このような変化の中で、自動車メーカーは主要3グループへの再編が進んだ。トヨタ、日産自動車、ホンダである。今回はこの3社の採用大学ランキングを見てみよう。

 19年のトヨタの採用大学ランキング1位は名古屋大学、2位京都大学、3位東京大学だった。日産は1位九州大学、同率2位に東北大学と早稲田大学、ホンダは1位早稲田、2位芝浦工業大学、同率3位が九州工業大学と東京工業大学の順だった。

 果たして20年のランキングの顔触れはどうなったのだろうか。