リモートワークが長期化している今、わかりあえない上司と部下の「モヤモヤ」は最高潮に達している。さらに、経営層からの数字のプレッシャーが高まる一方で、部下にはより細やかなマネジメントが求められる。仕事を抱え込み、孤立無援のマネジャーたちの疲弊度も限界にきているだろう。
今回、「HRアワード2020」書籍部門 最優秀賞を受賞した『他者と働く』著者・宇田川元一氏が最新刊『組織が変わる――行き詰まりから一歩抜け出す対話の方法 2 on 2』が大きな話題となっている。1987年から続く「一読の価値ある新刊書を紹介する」書評専門誌『TOPPOINT』でも、
職場に活気がない、新しいアイデアが生まれない…。このように組織が硬直化し、“閉塞感”が漂う企業は少なくない。こんな状況を変えるには、『対話』が必要。著者はこう指摘し、4人1組で行う、新しい対話の方法『2 on 2』を紹介する。表面的な問題の裏にある真の問題を明らかにし、改善を図る画期的な方法だ!」と絶賛。最新6月号のベスト10冊に選抜された。
さらにこんな感想も届いている。
早速夜更かししそうなくらい素晴らしい内容。特に自発的に動かない組織のリーダーについてのくだりは!
読み始めていきなり頭をパカーンと殴られた。慢性疾患ってうちの会社のこと? すべて見抜かれている
『他者と働く』が慢性疾患の現状認識ツールなら、『組織が変わる』は慢性疾患の寛解ツールだ
言語化できないモヤモヤの正体が形になって現れる体験は衝撃でした
職場に活気がない、会議で発言が出てこない、職場がギスギスしている、仕事のミスが多い、忙しいのに数字が上がらない、病欠が増えている、離職者が多い……これらを「組織の慢性疾患」と呼び、セルフケアの方法を初めて紹介した宇田川氏。我々は放置され続ける「組織の慢性疾患」に、どんな手立てを講じられるのだろうか。著者の宇田川氏を直撃した。

硬直化Photo: Adobe Stock

1 ゆっくりと悪化する

 企業のイノベーション推進を見ていると、組織が硬直化していて、新しいアイデアを出す人が少ない。新しい事業アイデアが出てきたとしても、それを事業化することがなかなかできない問題に出くわします。

 様々な企業の役員クラスとお話しすると、「昔はみんなアイデアを気軽に出していた。もともと、わが社はこんな会社ではなかったのに、どうしてこうなってしまったのだろう。もっと意識を変えてほしい」と嘆かれる方も少なくありません。

 また、新規事業を進める際は他部門との連携が不可欠ですが、製造部門に「その製品をつくろうとすると納期が先になる」とか、ある事業部から「本当にそれは売れるのか」と言われたりします。このようなとき、「強い個の力が大切だ」という意見の一方で、「企業文化を変革していくことが大切だ」という意見も耳にします。

 しかし、私はどちらも、この状況には有効ではないと思っています。個人の意志や気合の問題ではないし、企業文化のせいにするのはそれこそ「単純化」の罠です。

 アイデアが出てこないのはなぜか。みんなが今の状況がよいと思っているわけでもないでしょう。アイデアを出したいと思っていないとしたら、それはなぜなのか。あるいは、アイデアが出てくるだけの必要なインプットがないとしたら、それはなぜか。これを探ってみるべきで、個人の問題に帰するのは問題です。

 他部門が非協力的なのは、危機感がないわけでも、保守的なわけでもない。これを社風の問題だと言っても好転しません。

 マネジャーか一般社員かを問わず、観察を重ね、一つずつ取り組んでいくことが肝心です。対話による足元からの変革を地道に積み重ねていくことで、そうした風景はおのずと変わっていくものなのです。

【追伸】「だから、この本。」についても、この本について率直に向き合いました。ぜひご覧いただけたらと思います。

【「だから、この本。」大好評連載】

<第1回> あなたの会社を蝕む6つの「慢性疾患」と「依存症」の知られざる関係
<第2回>【チームの雰囲気をもっと悪くするには?】という“反転の問い”がチームの雰囲気をよくする理由
<第3回> イキイキ・やりがいの対話から変革とイノベーションの対話へ!シビアな時代に生き残る「対話」の力とは?
<第4回> 小さな事件を重大事故にしないできるリーダーの新しい習慣【2 on 2】の対話法

<第5回> 三流リーダーは組織【を】変える、一流リーダーは組織【が】変わる

最近妙に読まれている記事

なぜ、「なぜ?(why)」と問うのが、ダメなのか?
「心理的安全性の罠」にダマされるな!
「1 on 1」と「2 on 2」の違いってなんだろう?
「ティール組織にしよう」というアプローチが極めてナンセンスな理由
体験者が初告白!「私にとって 2 on 2 は、言語化できないモヤモヤの正体が形になって現れた衝撃の体験でした。」