コンサルティング会社アクティベートの共同創業者でCEOのマイケル・ウルフ氏コンサルティング会社アクティベートの共同創業者でCEOのマイケル・ウルフ氏(20日) Photo: The Wall Street Journal

「メタバース」と呼ばれる新たな仮想コミュニティーの構築を目指すハイテク企業は、まずビデオゲームのあらゆる側面を熟知し、買収も視野に入れる必要がある。コンサルティング会社アクティベートの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のマイケル・ウルフ氏はそう指摘する。

 ウルフ氏は20日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催の「テックライブ」会議で「ビデオゲームはメタバースプラットフォームへと変貌しつつある」と述べた。

「人々の交流方法を根本的に変えるだろう」との見方を示し、「デジタルやバーチャルの世界でできることはすべて(中略)ゲームの中でできるようになるだろう」とも語った。